編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

富士通、京ベースのスパコン「PRIMEHPC FX10」--“エクサ”クラスも構想中

大塚実

2011-11-08 12:33

 富士通は11月7日、京速コンピュータ「京(けい)」の技術をベースに開発した新型スーパーコンピュータ「PRIMEHPC FX10」を発表、販売を開始した。16コアの新型プロセッサ「SPARC64 IXfx」を搭載しており、1ラック/2.5TFLOPSから1024ラック/23.2PFLOPSまでの構成が可能だという。販売目標は今後3年間で50システム。2012年1月より順次出荷が開始される予定だ。

 「京」は同社が理化学研究所と共同開発したスーパーコンピュータ。今年6月のTOP500ランキングでは、開発途中ながら8.162PFLOPSという性能を記録し、日本製のスパコンとしては「地球シミュレータ」以来となる世界最速の座に着いた。そして10月、今度はフルシステムで10.51PFLOPSを達成し、名実ともに京速(1京=10の16乗=10P)のコンピュータとなった。

  • 京速コンピュータ「京」の技術を適用した「PRIMEHPC FX10」

  • 10PFLOPS超えを果たした「京」。現在の世界最速スパコンだ

 「PRIMEHPC FX10」は、この「京」の技術を適用した商用スパコンであるが、プロセッサは8コアの「SPARC64 VIIIfx」から、16コアの「SPARC64 IXfx」に変更。最新世代のプロセッサを採用したことにより、計算ノード(1CPU)あたりの性能は、128GFLOPSから236.5GFLOPSへと大幅に向上した。製造プロセスは45nmから40nmに微細化が進んでいるが、コア数が倍増したことで消費電力は58Wから110Wに増えた。

  • システムボード1枚には4CPUを搭載。CPUとICCは水冷になっている

  • 「SPARC64 IXfx」のスペック。TSMCの40nmプロセスを採用している

  • 「PRIMEHPC FX10」のスペック。シングル/マルチラックで多少仕様が異なる

 「京」の実行効率(93.2%)の高さは、6次元メッシュ/トーラスアーキテクチャの「Tofu」インターコネクトによるところが大きい。FX10でもTofuは採用されており、高い実行効率が期待できる。さらに、LinuxベースのOSとHPCミドルウェア「Technical Computing Suite」なども引き続き搭載し、「京」とのソフトウェア互換性を確保した。FX10は「京」向けのプログラム開発にも最適だという。

 FX10のもう1つの特徴はシステムの安定性だ。「京」で10PFLOPS超えを記録したとき、8万個以上のCPUが約30時間も連続で動作した。京/FX10のプロセッサは、極端に消費電力が大きいわけでもないのに、冷却は水冷方式が採用されているが、これは「動作温度が10℃下がると故障率が半減する」(富士通 次世代テクニカルコンピューティング開発本部 本部長の追永勇次氏)ためだ。目指すのは「365日連続運用しても構わないようなシステム」(同)だ。

  • 「Tofu」インターコネクト。高速でスケーラブルなノード間通信が可能

  • 医療分野でのスパコン応用事例。心臓の詳細なシミュレーションで、心拍1回分の計算に従来は2年かかっていたところ、FX10なら1日で終わるという

  • もの作り分野での応用事例。試作をシミュレーションに置き換えることでコストを低減。同社が目指すのは「ものを作らないもの作り」だ

 FX10の価格は、最小構成のシングルラックモデルが5000万円程度から。マルチラックモデルについては個別見積もりとなるが、目安としては1PFLOPSあたり50〜70億円程度だという。

 同社はFX10を国内のみならず、世界に向けて売り込んでいく構え。同社の調査によれば、サーバ市場が伸び悩む中でも、HPCサーバに限れば年率7.6%の成長が期待でき、2015年には1兆円市場になるという。いまのシェアは2%程度とのことだが、ハイエンドにはFX10、ミッドレンジにはPCクラスタ、ローエンドにはクラウドを展開し、2015年にシェア10%の確保を目指す。

  • 世界のHPCサーバ市場は堅調な伸びが期待できる。2015年には1兆円市場に

  • 各分野に製品を投入。HPC市場の裾野を広げ、頂点を高くしていくという

 スパコンは従来、学術研究が先行していたが、性能がPFLOPSクラスになってきたことで、「大規模化・高速化して、現実社会での問題が解析可能になってきた。スパコンのシミュレーションは、国家や企業の競争力を左右する重要な技術」(富士通 テクニカルコンピューティングソリューション事業本部 本部長の山田昌彦氏)なのだ。この重要性はますます高まると同社は見る。

  • スパコンの活用は、学術研究の段階から企業における実利用へ

  • 各国で高まるニーズを狙い、緑(日本+欧州)→黄色→ピンクの順番に展開する

 「京」で10PFLOPSを実現し、次はいよいよE(エクサ=1000P)FLOPSも視野に入ってくる。海外勢との競争は激しく、早ければ来年にも「京」を上回るスパコンが出てくる可能性があるが、同社も「EFLOPSレベルのコンピュータの実現に向けて準備を進めている」(富士通 執行役員副社長 佐相秀幸氏)という。

 まだ具体的な姿は見えてこないものの、追永氏は「部品点数を減らす必要があり、インターコネクトはプロセッサに内蔵されるだろう。プロセッサとインターコネクトのIP(知的財産)を両方持っているのは、競合の中でもIBMと富士通だけ。我々はエクサに一番近いところにいると思っている」、佐相氏は「SPARCはパブリックドメインなので、エクサに向けた拡張が容易にできる」と、それぞれ実現に自信を見せた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]