編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

パナソニック、LotusLiveを稼働--ユーザー数は20万人、IBMと機能を強化

田中好伸 (編集部)

2011-11-09 12:43

 パナソニックは10月からSaaS型コラボレーションソフトウェア「LotusLive」を利用している。日本IBMが11月9日に発表した。

 パナソニックは現在進めているパナソニック電工と三洋電機の完全子会社化をベースにグループ再編やグローバルでの事業展開の加速を図るため、グローバルなコラボレーション基盤「Global Work Place」としてLotusLiveを活用している。

 LotusLiveは、メールとコラボレーション(情報共有と共同作業)、ウェブ会議やウェブセミナーなどの機能を提供する。コラボレーションとウェブ画面共有では、企業外のユーザーをゲストとしてライセンス不要で招待できること、既存のIT環境を変更せずにウェブベースですぐに利用できることなどが特徴としている。この9月には、日本国内にLotusLive専用データセンターを開設して、日本を含むアジア太平洋地域の企業にサービスを提供している。

 パナソニックでは、従業員約20万人のユーザープロファイルを登録して、写真や部署名、仕事内容を共有している。チャットで即時に会話したり、ウェブ会議を活用して遠隔地でも効率的な会議をしたり、アイデアを広く募りながら、記録を残せるコミュニティ、共同作業を効率的に管理するためのアクティビティといった機能を活用して、制約を超えたコミュニケーションが実現できるとしている。

 Global Work Placeの構築では、IBMとパナソニックが共同でLotusLiveの機能を強化している。IT基盤の異なる2社の統合、グローバル展開、20万人以上のユーザー数といったパナソニックの要件に基づいて、たとえば情報管理機能の強化などを行ったと説明。LotusLiveはグローバル企業を支えるコラボレーション基盤としての機能を一層強化できたとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]