NECが企業利用を前提としたLifeTouch Bを投入する理由とは

大河原克行 2011年11月09日 14時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECが11月9日、クラウドコミュニケーター「Life Touch」シリーズの新製品として、デザインを一新した「LifeTouch B」を発表した。

 デュアルコアCPUであるOMAP4430(1GHz)およびAndroid 2.3を採用。800×480ドットの静電式タッチパネル機能を搭載した7型ワイドTFT液晶により、モバイル環境でのビジネス利用でも視認性、操作性を高めているのが特徴だ。

 約400gの筐体に、GPSや加速度センサ、地磁気センサ、照度センサを搭載したほか、5Mピクセルのカメラを内蔵。パスワードロックやアプリケーションインストール制御機能、無線LAN暗号化技術など、ビジネス利用の際にも効果を発揮する各種セキュリティ機能を搭載している。

 また、バッテリーパックは、着脱できる設計となっており、バッテリー寿命が訪れても、ユーザー自身で交換が可能で、長期間に渡る利用も想定している。なお、バッテリー駆動時間については、8時間を目標に現在検証している段階にあるという。

 本体価格は、企業との商談型製品のため標準価格を設定していないが、3万円台後半の見込みとなっている。

法人向けを志向するLifeTouch

 今回のLifeTouch Bは、「B」という型番からも明らかなように、ビジネス利用を想定したものだ。

 昨年11月に商品化が発表されたに第1号機のLifeTouchは、BtoBtoC向け製品として投入。企業がこの端末を利用してサービスを提供する際に、エンドユーザーに頒布あるいは配布されるというビジネスモデルを前提としていた。

 すでに約200件の商談があり、2011年9月には文京区などを主要エリアとするケーブルテレビ会社の東京ケーブルネットワークが、テレビリモコンおよび情報端末としてLifeTouchを活用。「TCNタッチコン(仮称)」サービスとして実証実験を開始している。多チャンネル化によって複雑化したリモコン操作を簡素化するとともに、地域情報をLifeTouchに提供するといった仕組みだ。

 NECではこのほかにも、2011年3月には個人での利用を想定したBtoC型のキーボード搭載端末「LifeTouch NOTE」を発売。6月には、2画面タイプのLifeTouch Wを、BtoBtoC型の製品として追加発売した。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算