編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

東京大学情報基盤センター、スパコンシステム刷新--PRIMEHPC FX10を4800ノード

田中好伸 (編集部)

2011-11-14 16:57

 東京大学の情報基盤センターはスーパーコンピュータ「PRIMEHPC FX10」を中心にしたスパコンシステムを2012年4月から稼働させる。富士通が11月14日に発表した。

 情報基盤センターは1965年に全国共同利用施設の大型計算機センターとして発足(1999年以降に現在の名称に)。スパコンによる先端的な科学技術研究を推進しており、1500人以上の研究者が学内外で利用している。同センターでは今回、多様なユーザーと大規模アプリケーションの対応を目的に、高い計算能力と高いデータ入出力の性能、データ処理機能を稼働させるシステムとして、PRIMEHPC FX10の採用を決定している。

 新スパコンシステムではPRIMEHPC FX10が4800の計算ノードが中心となる。ラック数は50、理論演算性能は1.13PFLOPS、総主記憶容量は150Tバイト、インターコネクトは6次元メッシュトーラスTofuインターコネクトとなっている。

図 新スパコンのシステム構成
※クリックすると拡大画像が見られます

 新システムには、ログインノード群としてIAサーバ「PRIMERGY RX300 S6」が8台、ジョブ管理や運用管理、認証サーバなどを管理するサーバ群としてIAサーバ「PRIMERGY RX200 S6」が16台採用されている。

 ローカルファイルシステムでは、メタデータを管理するためのサーバとしてPRIMERGY RX300 S6が2台、データファイルを制御するためにストレージ「ETERNUS DX80 S2」が150台で、利用可能容量は1.1Pバイト。

 共有ファイルシステムでは、メタデータ管理サーバとしてPRIMERGY RX300 S6が8台、ファイルデータ管理サーバとしてPRIMERGY RX300 S6が40台、メタデータファイル制御サーバとしてETERNUS DX80 S2が4台、データファイル制御サーバとして「ETERNUS DX410 S2」が80台となっており、利用可能容量は2.1Pバイトとなっている。

 同社独自のハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)ミドルウェア「Technical Computing Suite」と、そのコンポーネントである分散ファイルシステム「FEFS」も導入される。Technical Computing Suiteは、システム管理やジョブ運用管理機能、コンパイラ、ライブラリなどで構成され、超並列アプリケーションでの高い実効性能を実現できるとしている。FEFS(Fujitsu Exabyte File System)は10万ノード規模で共有できるという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]