編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

北海道銀、SecurIDとFraudAction導入--ネットバンキングの安全性を向上

田中好伸 (編集部)

2011-11-24 17:09

 北海道銀行はネットバンキングのセキュリティを強化するためワンタイムパスワード「RSA SecurID」とフィッシングサイト閉鎖サービス「RSA FraudAction」を導入した。EMCジャパンが11月24日に発表した。

 北海道銀行は個人向けネットバンキングサービスとして「道銀ダイレクトサービス」を提供している。ネットバンキングでのパスワード詐取を防止し、安全性と利便性の両方を利用者に提供するため、SecurIDとFraudActionを採用した。

 SecurIDは携帯電話でワンタイムパスワードを表示するタイプで、取引ごとに本人認証する。FraudActionでフィッシングサイトを速やかに閉鎖する体制を整備して、顧客の安心と安全性に貢献できるという。SecurIDは9月19日から、FraudActionは8月1日から稼働している。

 SecurIDは60秒に1回、新しいパスワードを表示することで、不正な認証を防ぐことが可能。FraudActionは、フィッシングサイトを早期に検知して、迅速に閉鎖するとしている。FraudActionは、NTTデータが提供するネットバンキングサービス「ANSER-WEB」のオプションとしても提供されている。EMCジャパンによると、金融業界での採用数はSecurIDが33機関、FraudActionが39機関としている。

 ネットバンキングにおける不正行為は、実行ファイルを添付したニセのメールを送信してフィッシングサイトに誘導、暗証番号を入力させる手口や、フィッシングサイトを開いたと同時にトロイの木馬に感染させ、ウイルスがパスワードを勝手に実行犯に送信して、個人情報を詐取する手口が多数報告されている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]