SAP共同設立者、CTOに課題を出す--その答えが「HANA」 - (page 3)

末岡洋子

2011-11-25 11:47

--HANAは具体的にエンタープライズをどう変えるのか

Plattner:レスポンス時間が日単位から秒単位に変わると、ほかのことも変わってくる。システムに何か質問をしても、答えを得られるのが月に一度だったのが、スマートフォンなどの端末から一日に何秒も問いかけることができる。返ってきたデータを見て、別の質問をしたいと思うユーザーは多いが、これが可能になる。これまで以上に深い洞察が得られる。

 ビジネスの改革には情報が必要だが、この情報が頻繁に得られることになる。SAPはHANAで、企業が変革を遂げるのを支援している。

Sikka:先ほど述べたNongfu Springは、HANAを利用してミネラルウォーターの運送コストを計算している。それまでは24時間かかっていがのが、3秒に短縮された。これまで月に一度コストを算出していたが、出荷の都度コストを計算できるようになった。このスピードが得られれば、ビジネスが変わる。

--「Hadoop」が注目を集めているが、対応する予定はあるのか

Sikka:先に「Sybase IQ」(ビジネスインテリジェンスやデータウェアハウス用のデータベースシステム)でHadoopに対応したが、HANAでは計画していない。HadoopはHANAとはまったくアプローチが異なる技術だ。HadoopはNoSQLで非構造化データ向けに開発されており、主にインターネットのテキスト検索に使われている。

 企業には構造化データと非構造化データの統合、それも妥協のないレベル(での統合)が必要で、SQLのサポートも必須だ。SQLプログラマーの人口は2500万人といわれているが、エンタープライズでのデータとアプリケーションではSQLを無視することができない。実際、三井情報はゲノム情報の解析にHadoopを検討したが、HANAを選んだと聞いている。

--HANAの今後のロードマップは

Sikka:今後、小規模企業向けの「Business One」がHANAで動くようになる。その後は、SaaSの「Business ByDesign」に対応させる。最終的にERPを含む総合スイートの「Business Suite」に対応させる。平行して、SybaseのRDB「ACE」やIQの提供も継続していく。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]