編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

モバイル機器を狙うマルウェアから身を守る10の方法

Ben Conner (Special to TechRepublic) 翻訳校正: 編集部

2011-12-02 07:30

 モバイル機器を狙うマルウェアが増加しつつあるものの、ユーザーのセキュリティ意識はあまり向上していない。本記事で紹介する対策を実行することで、モバイル機器の安全性向上に役立ててほしい。

 モバイル機器を利用するユーザーの数が急増し、企業においてもモバイル機器が急速に浸透しつつあるなか、モバイル機器を狙うマルウェアに対する懸念が増大してきている。もっとも、モバイル機器のセキュリティが注目を集めつつある一方で、マルウェアの危険性がコンシューマーに周知徹底されるようになったとは到底言い難い状況である。スマートフォンのユーザーはすべて--大企業のITチームも同様に--モバイル機器を狙うマルウェアによってもたらされる脅威について認識し、身を守るための手段を講じる必要がある。以下は、そういったことを行う際に役立つティップスである。

#1:下調べを行う

 マーケットで公開されているアプリケーションについては、スマートフォンにダウンロードする前に下調べや検証を行うとともに、レビューにも必ず目を通すようにしてほしい。つまり、あなたのデータを漏洩させてしまう可能性のあるアプリケーションでないことを確認しておくというわけだ。また、あなたがダウンロードしたアプリケーションに対する、他のユーザーからのフィードバックにも常に目を光らせておいてほしい。怪しいアプリケーションや悪意のあるアプリケーションには、ユーザーからの指摘がフィードバックとして寄せられることも多いためだ。

 Androidを搭載した機器は広く普及しており、さまざまなリポジトリからアプリケーションを入手できるというオープンなエコシステムが災いして、特に脆弱なものとなる可能性がある。一方、iOSを搭載した機器は「塀に囲まれた庭」という発想に従っており、インストール可能なアプリケーションが管理されるようになっている。

 企業の場合、ポリシーの一環として、安全なアプリケーションをリストアップしておき、ホワイトリストとして提供することを検討してほしい。このアプローチによって管理の手間は増えるものの、それだけの価値はあるはずだ。ホワイトリストに掲載されているアプリケーションのインストールのみを許可しておくことで、ユーザーの手にソフトウェアが渡る前に、完全な検証が可能になるというわけだ。

#2:リスクの高いアプリケーションストアを避ける

 アプリケーションをスキャンし、マルウェアに感染したアプリケーションは公開しないというポリシーで運営されている正規のアプリケーションストアのみを利用するとともに、提供元が不明なアプリケーションのインストールを許可するような設定にはしない。また、公開が停止されたアプリケーションに関する情報にも注意しておく。

 iOSを搭載した機器の場合、ジェイルブレイクしていない限り、Apple側でこういった面倒を見てくれるはずだ。つまり、Appleのアプリケーションストア以外からアプリケーションをダウンロードすることができないようになっているのである。しかしAndroidでは、提供元の不明なアプリケーションが公開されていたり、サードパーティーの運営するアプリケーションストアが一般的となっている。マーケット以外のウェブサイトで公開されているアプリケーションは、きちんとしたマーケットで公開されているアプリケーションほど入念に検証されていないはずだ。少なくとも、Amazon Appstore for Androidのような信頼できるマーケットのみを利用するようにし、Android Marketにも公開されていないような、ウェブサイト上のアプリケーションは避けるようにするべきだろう。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]