編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

CMOは“個客”の理解が進んでいない--日本はソーシャルメディア対応に遅れ

田中好伸 (編集部)

2011-12-01 13:46

 マーケティング担当役員(CMO)は顧客分析などの“個客”を理解するための情報源の活用が進んでいない――。日本IBMが11月30日に発表した「IBM Global CMO Study 2011」で明らかになっている。

 Global CMO Study 2011は「限界からさらなる強化へ(From Stretched to Strengthened)」をテーマに、世界64カ国1734人(うち日本からは68人)の主要企業のCMOにインタビュー形式で調査。CMOが抱える課題や関心事を分析した。CMOに焦点を当てた調査としては世界最大規模、IBMとしてCMO向けの大規模な調査は初めてという。

 今後影響がある市場要因と認識しながらも準備不足であるとした主要課題は、データ量の飛躍的増加、ソーシャルメディア、チャネルと伝達手段の増加、顧客の人口構成の変化となっている。これまで多くのCMOは、市場分析や競合他社の情報の活用が中心であり、“市場”を理解することに注力していた。顧客分析などの“個客”を理解するための情報源活用は、日本とグローバルの両方で低い結果になっていると分析している。

 データ量の飛躍的増加、つまりビッグデータに対応するためにグローバルでは、テクノロジへの投資(73%)、洞察力の向上(69%)、分析に関する理解力の向上(65%)を必要とする割合が高くなっている。これに対して日本では、テクノロジへの投資よりも必要なスキルの再考(84%)、洞察力の向上(80%)、分析に関する理解力の向上(77%)が必要とされている。

 この結果を見ると、日本企業はビッグデータに対して、テクノロジに投資するのではなく、分析する人間のスキルを高めようとしていることがうかがえる。

 テクノロジの利用を増やす予定の領域の中で、グローバルではソーシャルメディア(82%)や顧客分析(81%)を挙げているが、日本では顧客分析(82%)や顧客情報の一元管理(80%)といった項目が高く、ソーシャルメディアへの対応の必要性を感じながらも、対応優先度は低いことも明らかになっている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]