編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

IIJなど、クラウド連携バックアップシステム--階層化データをクラウドに保存

田中好伸 (編集部)

2011-12-07 15:24

 インターネットイニシアティブ(IIJ)とマクニカネットワークスは12月7日、IIJのクラウドストレージ「IIJ GIOストレージサービス FV/S」とマクニカが国内総代理店として販売しているストレージアプライアンス「StorSimple」を組み合わせたバックアップシステムを2012年1月から提供することを発表した。

 StorSimpleは、内蔵するSSDとSASドライブでブロックデータの仕様頻度に応じてデータの階層化(ティアリング)を行う機能を搭載している。頻繁に利用されるデータはSSDに、あまり利用されないデータはSASに、ほとんど利用、更新されないデータはクラウドストレージに保管するという使い方が可能になる。IIJ GIOストレージサービス FV/Sは、HTTPS/RESTインターフェースをAPIとして提供するクラウドストレージ。

図 利用イメージ
※クリックすると拡大画像が見られます

 提供されるバックアップシステムでは、StorSimpleに保管されたデータをIIJ GIOストレージサービス FV/Sのサーバに自動的にバックアップされる。バックアップ先にクラウドストレージを活用することで、データの増減にあわせた容易なストレージ拡張ができる。バックアップストレージ環境の構築や運用管理にかかるコストを抑えられるとしている。REST API型クラウドストレージであり、StorSimpleがAPI連携をサポートしていることで、データ連携でユーザー企業側での追加開発は必要ないという。

 企業が扱うデータ量は増加の一途を辿っており、それにあわせてストレージシステムの拡張を続けるのはコストや運用管理の面から限界に来つつあるとされている。その一方で内部統制や事業継続計画(BCP)の観点から、ストレージに格納されるすべてのデータを安全な場所に長期保管することが求められてもいる。そうした状況から、クラウドサービスの利用を検討する企業があるが、セキュリティ面の不安から導入を断念するケースも多いと指摘されている。

 マクニカでは、StorSimpleは「AES 256」によるデータ暗号化機能を標準で搭載されていることから、クラウドストレージにネットを介してデータの保管やバックアップを展開する場合でも、セキュアにデータを転送できると説明。データは暗号化された状態でクラウドストレージに保管されることから高いレベルでセキュリティを担保できるとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]