IT部門は「ユースケース」から学べ−−シトリックスCMO - (page 3)

柴田克己

2011-12-09 12:01

−−その環境の中で、企業のIT部門の役割はどのように変化していくのでしょうか。

 急速な変化にうまく適応していくという観点では、これまでに必要とされていたスキルが必要なくなるわけではなく、それらをうまく組織化していくスキルが新たに必要とされるでしょう。

 今日のIT組織は、大規模であればあるほど、いわゆる「縦割り」になっていることが多いようです。そうした組織では、ストレージ、ネットワーク、サーバ、アプリケーションなどを含むすべての製品を個別に購入して、自社内で組み上げるのが効率的でした。しかし、クラウドの時代には、そうした「縦割り」の組織間に緊張関係が生まれます。ひとつのサービスを導入しようとする場合に、各部門で詳細なチェックを繰り返さねばならず、導入が非常に遅くなりがちです。

 変化への対応を成功させている企業では、IT環境を部門ごとの「サイロ」で見るのではなく、ITサービスを利用するユーザーやユースケースに合わせた「横串」で見るようになっています。視点はあくまでも、ユーザーに対してITをどのように快適な「サービス」として提供するかについて向けられています。必要に応じて業務やユースケースを熟知したメンバーからなるCOE(Center of Excellence)を組織して、そこでアドバイスを請うといったこともできるでしょう。機器の購入やシステムの構築、運用管理といった従来の機能に加えて、「従業員にサービスとしてアプリケーションを届けるためにはどういう環境が必要か」という視点で、さまざまな要素を組み合わせることが重要になると考えています。

 また、個人としてのITプロフェッショナルには、シトリックスが行っているのと同様、ネットで成功している多くのコンシューマー向けのサービスやクラウドの「ユースケース」から学ぶべきだと思います。これは、そういったもので「遊ぶ」時間をできるだけ多くとるべきだということです。得てして、ビジネスの中で「変革」を起こすのは、テクノロジーの専門家ではありません。ユースケースに学ぶ視点を持つことで、その変革をITの側面でリードする役割を、うまく果たすことができるようになるのではないかと思います。

Keep up with ZDNet Japan
ZDNet JapanはFacebookページTwitterRSSNewsletter(メールマガジン)でも情報を配信しています。現在閲覧中の記事は、画面下部の「Meebo Bar」を通じてソーシャルメディアで共有できます。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 経営

    ヒヤリハット管理--トラブル防止のデジタル化でもたらされるメリットとは?具体的なイメージを紹介

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]