編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

クライアント:Windows 7移行進むも、XP残存でサポートが3~4年先まで必要 - (page 2)

田中好伸 (編集部)

2011-12-26 08:30

 (3)の「クライアントPCを紛失した場合でもデータ漏洩しないようにする」ニーズについてはほかと比較した場合に「ハードディスクを暗号化する」といった手段が多く挙げられており、「安価なPCをシンクライアント専用端末として利用する」「シンクライアント専用端末を導入する」が次いで多いという結果だ。既存PCに対してはハードディスク暗号化が選ばれ、既存PCを持ち出すことができない、または社外で利用するために専用端末を新規に導入する場合は、ソフトウェアかハードウェアでシンクライアント環境を実現するといった対策が取られていることが明らかになっている。

 (4)の「複数のクライアントPCに一括してアプリケーションなどをインストールする」というニーズでは、「ソフトウェア的手段で既存クライアントPCをシンクライアント化する」「シンクライアント専用端末を導入する」といったシンクライアントによる対策に加えて、「運用管理ソフトウェアを既存のクライアントPCにインストールして活用する」が多く挙げられている。最近の運用管理ソフトウェアはアプリケーションのインストールや起動の許可まで細かく設定できる。アプリケーションの配布機能を搭載するものもあり、複数PCに対する一括インストールも可能になっている。

 こうしたクライアントPC関連の解決策として「シンクライアント」に関するものがいくつか挙げられている。だが、クライアントPCの筐体に関するデータを見ると、シンクライアントの導入が増える兆しは見えてこないと説明する。ユーザー企業はシンクライアントを想起するが、実際の導入には至っていないという課題があることを示していると分析している。

 「ニーズがあるが、ユーザー企業がシンクライアントしか手段がないと思いこんでしまう」ということが起きないよう、クライアントPC関連のソリューションを提供する側は、数多くの手段があることをユーザー企業に啓蒙することが重要になってくると提言している。

図 最も活用したいクライアントPC関連ソリューション
※クリックすると拡大画像が見られます

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]