編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

2012年のオープンソース界を大胆予想--今年のLinuxとOSSはどうなる?

Jack Wallen (Special to TechRepublic) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2012-01-04 07:30

 いよいよ新年を迎えた。2011年がLinuxとオープンソースにとって最高の年とは言えないものだったことは認めざるを得ないにせよ、最悪というわけでもなかった。しかし、2011年に起こったことは、今後に向けてのよい基盤を作った。そしてわたしは、2012年はわれわれお気に入りのソフトウェアとプラットフォームにとって、ずっとよい年になると考えている。

 2012年はようやくLinuxデスクトップの年になる、とまでは言うまい。その旗印は過去10年間ずっと掲げられてきた(そして残念な結果に終わった)。よいニュースは、デスクトップの世界がマルチタッチのフォームファクターが大きな役割を果たし始めるにつれ、大きな変化を迎えようとしているということだ。詳しくは後で述べよう。では、来る1年間にはどんなことが起こりえるだろうか?わたしの予想を記しておこう。

Ubuntu Unityがようやくある程度評価を得る

 わたしは公にUnityが気に入らないことを表明した。わたしは変化が嫌いなわけではない。実際、わたしは変化を大いに歓迎している。ところが、UbuntuがUnityで起こした変化は、前向きのものではなかった(少なくとも、GNOME 3がもたらしたような変化ではなかった)。しかし、2012年にはこのデスクトップも大きく向上するはずだ。その理由は簡単で、タブレット端末のためだ。わたしは、Canonicalは作戦を隠し持っているはずだと考えており、今年はようやくUbuntuとUnityを載せたLinuxタブレットを市場で目にすることができると思っている。これが起これば、ようやく「なぜ」Unityなのかを理解することができるはずだ。

 Canonicalがこの変更を行ったのは、Ubuntuをすべてのデバイスでサポートできるようにするためであり、当然それにはタブレット端末も含まれているはずだ。少しでも知性のあるユーザーであれば、Ubuntu 11.04(2011年)がリリースされた時、タブレットハードウェアが流行し始めていたのを見て取っていたはずだ。Mark Shuttleworth氏も、Unityで行くという判断をした際に、技術の未来に無関心だったはずがない。その計画にはタブレットが必ず含まれているはずだ。

 たしかに、Shuttleworth氏が述べた計画では、UbuntuおよびUnityを2年間でタブレットに対応させるということだった。わたしの考えでは、2012年にサプライズが起こり、最初のLinuxタブレットが登場するだろう。

Linux Mintの台頭

 Linux Mintは、Linuxのデスクトップディストリビューションの頂点に向けて台頭を続けるだろう。実際、完全にLinuxのデスクトップディストリビューションの頂点に立ってしまい、それ以上の台頭ができなくなる(これはDistrowatchだけの話ではない)。2012年には、Linux Mintがユーザー、メディア、企業、そして実直なLinuxデスクトップを探している、あらゆる人の心をつかむことになるだろう。GNOME 3への独自の機能追加と確実な基盤を持つLinux Mintは、他のディストリビューションがやろうとして失敗してきたことを、すでにやっている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]