IT管理者が踏まえておきたいセキュリティ動向--ラック 岩井博樹氏

大川 淳 2012年01月11日 16時38分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 コンピュータに対する不正なアクセスがいっそう巧妙、複雑になってきている。その脅威は拡大の一途をたどっており、2011年にはソニー・コンピュータエンターテインメントや三菱重工業への攻撃など、社会全体に大きな影響を及ぼす事件が相次いだ。

 最近のサイバー攻撃をめぐる動向について、ラック コンピュータセキュリティ研究所 所長の岩井博樹氏に聞く。

--2012年のセキュリティ動向でIT管理者が特に注意すべき点は何か

 基本的な動向はそれほど変わらないでしょうが、いわゆるスピア型(標的型)フィッシングメールが気になります。

 スピア型フィッシングメールには、特定のウェブサイトのURLが記載されています。そのようなサイトには偽サイトもありますが、懸念されるのは正規のサイトを改ざんしておいて、そこに誘導するような形式が増えてくるのではないかということです。

--サイバー攻撃の端緒に、送信先を絞ってメールで攻撃する例が増えている。こうした標的型メール攻撃の特徴は何か

 スピア(標的)型メール攻撃など、メールを用いた攻撃は多いのですが波があります。この種のメールは、社会的に大きなイベントや出来事の直後に増加する傾向があるのです。2012年はロンドン五輪が開催されるほか、米国、ロシア、フランス、中国、韓国、台湾で大統領選挙や最高首脳の交代が予定されているため、その前後は注意が必要です。

 また(こうした動向に便乗して)官庁が狙われれば、官庁に出入りしている(営業などの)従業員にも攻撃メールが送られてくる確率は高くなります。おそらく、攻撃者側はさまざまなアドレス帳や名簿などを入手しているのでしょう。

 国内では昨年、東日本大震災の後に攻撃メールが急増しました。また、企業の人事異動の時期にも(攻撃メールが)集中しています。

--そうした対策を可能にする具体的な製品は

 2012年にはスピア型メール攻撃およびフィッシングメール対策として、添付ファイルを解析して問題がなければ受け入れを許可するといったセキュリティ製品が注目されるでしょう。米国では、セキュリティベンダーが新たな対策の開発合戦を繰り広げています。今年は日本でも、マルウェアを検知する新たなシステムが大きな支持を得るのではないかとみています。

 米FireEyeのソリューションでメール攻撃に対応する製品があり、全世界で売り上げが3倍も増したといわれています。また、次世代ファイアウォールを展開する米Palo Alto Networksも注目されています。「入り口対策」がFireEyeで「出口対策」がPalo Alto Networksといった構図になるでしょうか。Palo Alto NetworksのWildFireはクラウド型の検知サービスで、不審なファイルなどを仮想環境で実行し、危険の有無を判断するしくみです。

関連記事:

 また、Twitterを使用してボットを制御するなどの動きが出てくると、アプリケーションの通信を解読する機能は必須です。対策はさまざまですが、パフォーマンスの観点で考えると、次世代ファイアウォールは処理性能が高くなってきています。企業や組織はセキュリティ機器を補充して、新しい脅威に対処していこうという気風を醸し出すことが重要になるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化