編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

日本の電機メーカーは「周回遅れ」から脱却せよ--CES 2012から

大河原克行

2012-01-16 11:00

 国際的な家電見本市「International CES 2012」が1月10日から13日(米国時間)にかけて米ネバダ州ラスベガスで開催された。

 Windows 8やUltrabookなど話題性があるPC関連プロダクトが展示される一方、テレビ関連は話題不足との見方も開催前には出ていた。しかし、韓国勢から55型の有機ELテレビが展示されたほか、タブレットを通じてテレビを操作し、各種ネットワークサービスを利用できるスマートテレビが相次いで展示されるなど、注目の製品に人だかりができていた。

注目集めたWindows 8とUltrabook

 今年がCESへの最後の出展と明言したマイクロソフトは、2012年にも発売が予定されているWindows 8をデモストレーション。開発者向けには公開していたが、広くその内容を公開したのは今回が初めてとなった。ブース内では15分おきにWindows 8のデモストレーションを行っていたが、毎回黒山の人だかりとなっていた。

  • 注目を集めたWindows 8

  • Windows 8のデモは毎回黒山の人だかり

  • 食い入るようにデモを見る参加者

 また、Ultrabookでは、日本、米国、台湾などのメーカーから相次いで新製品が展示され、このプラットフォームを業界全体で盛り上げていく様子を示す格好となった。

 実際、レノボやデルが新製品をCESの会場で発表。薄型、軽量、長時間寿命、それでいて高性能という進化が図られるUltrabookには高い関心が集まっていた。

  • 日本、米国、台湾などのPCメーカー各社が展示したUltrabook(写真はインテルブース)

 あるPCメーカー関係者は「昨年スマートフォンやタブレット端末が普及したが、その結果、特定の用途においてはPCの高性能、操作性が必要だと再認識したユーザーも多かった。そうした流れのなかで登場するUltrabookは、スマートフォンとPC(=Ultrabook)をともに所有し、用途ごとに使い分けるという活用が期待される」と、Ultrabookが絶好のタイミングで登場したことを示唆する。これは業界関係者に共通した意見だといえよう。

新たな家電の世界を見せた韓国勢

 一方、デジタル家電や白物家電においては、韓国勢の勢いを強く感じることができた。

 サムスンは、55型の有機ELテレビを参考展示。さらにLG電子でも、55型の有機ELテレビを展示し、テレビにおける有機EL時代の到来を印象づけてみせた。

 また、韓国、中国、日本のテレビメーカー各社が、スマートテレビを相次いで展示。インターネットサービスを利用した新たな視聴方法の提案や、タブレット端末を利用して、より便利にテレビを視聴するといったデモストレーションを行っていた。ここでは、ハイアール、TCL、ハイセンスといった中国メーカーが、昨年よりもブースを拡大したり、スマートテレビの展示を積極的に行っていたのが印象的だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]