編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

富士通、情報系基盤をプライベートクラウドで集約へ--500社17万人が対象

ZDNet Japan Staff

2012-01-19 15:57

 富士通は、グループ全体のコミュニケーション基盤をプライベートクラウドで構築する。約500社、17万人が利用する基盤で、メールなどの情報系アプリケーションを集約する考えだ。また、自社事例から得られた知見やノウハウをもとに、顧客にも同様のシステムの検討、構築、運用を提案していく。

 コミュニケーション基盤に構築されるのは、メール、ファイル共有、スケジュール管理、プレゼンス(在籍)管理、ウェブ会議などの情報系アプリケーション。認証基盤も統一することで、グループ全体のセキュリティを一元管理することが可能になるという。コミュニケーション基盤には富士通の製品やサービスだけでなく、MicrosoftとCiscoも組み合わせて構築しているという。

 既に富士通内部で導入が進んでおり、4月には国内グループ会社に展開、2013年度までに海外を含むグループ全体での統一を目指す。

 従来は国内外のグループ会社が個別に情報系アプリケーションを導入していた。プライベートクラウドでの集約を機に、年間システム運用費30%以上、年間出張費用20%以上の削減を見込むほか、スマートフォンやタブレットを活用して業務の効率性も向上させたい考えだ。

  • コミュニケーション基盤を支える製品

  • モバイルデバイスでもセキュアにアクセスできる環境を構築する

 富士通では自社事例から得られた知見やノウハウをもとにグローバル企業への提案を始める。具体的には、導入アセスメントサービス、システム設計支援サービス、システム構築支援サービスを1月19日から提供する。同社では2013年度末までに売上500億円を目指すとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]