編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

企業ユースに耐えうるHadoopを EMCジャパンが“Asakusa”のノーチラスと協業

冨田秀継 (編集部)

2012-01-19 20:30

 EMCジャパンは1月19日、企業ユースに耐えうるHadoop活用を促進するため、ノーチラス・テクノロジーズと協業することを発表した。また、同社はApache Hadoopとの互換性を保ちながら性能を強化した「Greenplum HD Enterprise Edition」を同日より販売することも発表している。

 ノーチラス・テクノロジーズ代表取締役副社長の神林飛志氏によると、純粋なHadoopパッケージを企業の基幹業務で活用するには、サポート、開発環境、実行環境といった点で難があるという。

神林飛志氏
神林飛志氏

 神林氏は「Hadoopは分散処理の敷居を大幅に下げた」と評価するが、一方で「今のHadoopはBI専用。道具立てが企業の業務向けにできていない」とコメント。そのギャップを埋めるのが、ノーチラスが開発を主導するオープンソースの「Asakusa Framework」だとしている。

 企業ユースでHadoopが持つ課題とAsakusa Frameworkによる解決策は「Hadoop&Asakusaを基幹業務で使い倒す」と「ビッグデータはないけどバッチ処理はある そんな企業こそHadoopを」に譲るが、そのほかにも、Hadoopは基盤インフラが脆弱で、耐障害性が低く、オペレーションミスにも極端に弱いという難点があるという。そのインフラ面でのギャップを埋めるのが、Greenplum HDというわけだ。

 企業ユースの観点からGreenplum HDを見ると、まず国内でのサポートが充実が見込まれる。また、可用性を向上させるためにHA構成を取ることが可能だ。

仲田聰氏
仲田聰氏

 EMCジャパン データ・コンピューティング事業本部 テクノロジー&プロフェッショナルサービス部部長の仲田聰氏は、「(Hadoopという)オープンソースのメンテナンスコストがいらなくなる。TCOでご判断頂けるよう提案している」とコメント。また、「Hadoopは非構造化データに対応するミドルウェアと期待されているが、(Greenplum HD EEは)今日、今から使えるソリューション」とエンタープライズレベルのHadoop活用ソリューションであることを強調している。

 Greenplum HD EEの技術的な特徴およびGreenplum Databaseとの関係については、「ストレージとデータベース、将来の手駒は揃った--EMCのビッグデータ戦略」を参照してほしい。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]