編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事まとめ:DX推進、IT人材や内製化動向

製薬大手アストラゼネカ、iPad活用したCLM導入--MR業務を効率化

田中好伸 (編集部)

2012-01-23 15:01

 製薬大手のアストラゼネカは「iPad 2」を活用した製薬業向けCLMシステムを導入した。システムを提供するイットアップが1月23日に発表した。

 Closed Loop Marketingの略であるCLMは、営業担当やコールセンター、ウェブなどさまざまなチャネルやコンタクトポイントからの業務評価指標(KPI)データを収集分析し、マーケティング戦略の立案から医薬情報担当者(MR)などのセールスプロモーションを継続的に改善し、製品やソリューションの顧客価値を高めていくマーケティング手法を指している。

 医薬情報の個別説明(ディテーリング)は現在、一方的なものから多様化する医師のニーズに対応できる柔軟なスタイルへの変化が求められているという。このニーズの変化に対応するため、MRは短時間で効果的な情報提供、製薬会社内部のブランドマネージャーはディテーリング資材の再利用を含めた有効活用と継続的改善、迅速な資材配信が、マーケティングチームでは実施効果測定の実現が不可欠になっていると説明している。

 イットアップがアストラゼネカに導入したCLMシステムは「sen 製薬向けCLMソリューション」。同システムはMR向けのiPadアプリ「sen App」とブランドマネージャー向けのPC向けコンテンツ管理システム(CMS)「sen Manager」で構成されている。

 sen Managerがコンテンツを配信、管理。配信されたコンテンツはsen Appで表示される。ディテーリング時の表示履歴は、sen Appからサーバに送信し、sen ManagerからKPIのログデータとしてダウンロードできる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]