編集部からのお知らせ
新着記事まとめは「AIトレンド」
推奨:「NTT再編」関連の記事まとめPDF

東証システム障害で241銘柄が売買停止--午後から再開へ

冨田秀継 (編集部)

2012-02-02 12:30

 東京証券取引所で2月2日、普通株式など241銘柄が売買できなくなるシステム障害が発生している問題で、東証は12時半から取引を再開することを発表した。

 東証によれば、2日朝にシステム障害が発生し、相場情報を外部に配信できない状態であったという。東証では「相場情報を(外部に)配信できない場合、すべての投資家に現時点での株価等を提供できないため、売買を停止した」としている。

 富士通は東京証券取引所に株式売買システム「arrowhead」を納入、東証では2010年4月から稼働している。東証では「現時点(2日正午)ではarrowheadが原因とは断言できない」とコメントしている。また、富士通では「arrowheadはお客様(東証)のシステムなので当社ではお答えできない」(広報IR室)と回答しているが、同社のSEが東証に向かい作業をしていることは認めている。

 売買を停止していた銘柄には、日立製作所や三菱電機、ソニー、インターネットイニシアティブ(IIJ)などの普通銘柄が含まれている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. コミュニケーション

    日本企業が利用する代表的なグループウェアを徹底比較―グループウェア選定のポイントとは?

  2. セキュリティ

    なぜランサムウェアはこれほどまでに対策が難しいのか?その理由と有効な対策アプローチを考える

  3. セキュリティ

    改正個人情報保護法や最新の脅威動向などに対応するためのセキュリティ戦略のポイントとは

  4. セキュリティ

    Azure Sentinelで実現するサイバーハイジーン

  5. ビジネスアプリケーション

    ETLツールでデータを統合し活用するための3要素、「民主化」への最適解

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]