世界2位のクラウドベンダー コンカーが国内展開を本格化--三村社長に聞く - (page 3)

大河原克行

2012-02-10 12:43

--三村社長自身はSAP日本法人の創業メンバーの一人であり、13年間に渡って様々な仕事に携わってきましたね。また、マッキンゼー・アンド・カンパニーでの経験、電気自動車のインフラ会社であるベタープレイス・ジャパンにも参画した経験がある。こうした経験は、いまの仕事にどう生きていますか。

三村:この3つの職能経験は、現在のコンカーの社長としての仕事に大きな影響があります。

コンカーの三村真宗社長
コンカーの三村真宗社長

 SAPジャパンでは創業に携わり、さらに多くの新ビジネス、新プロダクトの立ち上げにも関わってきました。いま、コンカーは日本において、まさに新たな事業を立ち上げようとしている段階にあります。その点で、SAPでの経験が生きていることはおわかりいただけると思います。

 一方マッキンゼーでは、仮説を前提として戦略を立てて、企業が直面する課題の解決や成長戦略を描いていくことに取り組んできましたが、日本法人の今後の戦略を打ち出す上でこの手法をそのまま活用しました。日本において、コンカーの置かれた立場はどうなっており、それに向けてなにをすべきかということを、昨年10月24日の取締役会で提案しました。就任から、わずか3週間でプランをまとめたのは、まさにマッキンゼーの手法です(笑)

--社内にコンサルタントファームの経営コンサルタントがいるのと同じですね(笑)

三村:しかもそれが社長ですから(笑)

 そして、3つめのベタープレイスでは、経済産業省と共同で世界初となるバッテリー交換式電気自動車タクシーの商用実証プロジェクトなどを推進したのですが、いくらいいものでも認知度が低いと広がりには限界があることを実感しました。そこで、自動車業界に向けて積極的なPRを行いました。

 その取り組みは、国内のすべての自動車メーカーと新たなバッテリー方式について検討を行うという成果につながったのです。今回「コンカー クラウドフォーラム 2012」を開催し、認知度を高める仕掛けに力を注いだのもこの時の経験が生きています。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]