編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

PFU、検疫ソフト新版--スマートデバイス不正接続防止、iOSとAndroidに対応

田中好伸 (編集部)

2012-02-14 12:16

 PFUは2月14日、検疫ソフトウェアの新版となる「iNetSec Inspection Center V7.0」の販売を開始した。iOSやAndroidといったスマートデバイスに対応している。

 iNetSec Inspection Centerは、セキュリティポリシーの徹底や不正PCの接続防止、ネットワーク利用者の認証などのセキュリティ対策を総合的に管理するというもの。日本企業でもスマートデバイスの活用が進んでいるが、現在のスマートデバイスには2通りの活用実態があるといわれている。

 ひとつはモバイル端末管理(MDM)ツールで紛失盗難対策を施し、ウイルス対策アプリなどをキッティングしてからエンドユーザーに支給する“社給”形態。もうひとつは、“私物解禁”や“Bring Your Own Device(BYOD)”といわれる、エンドユーザーの私物を業務で活用するという形態だ。

 社給形態の場合、社内ネットワークに接続される端末を社給のスマートデバイスに限定することができず、ネットワーク不正接続の防止という観点で課題が残る。BYODのケースでは、スマートデバイスのOSのバージョン管理やウイルス対策アプリなどの最低限のセキュリティ対策をエンドユーザーに委ねることになる。エンドユーザーによっては、セキュリティを担保することができず、スマートデバイスのセキュリティ対策、社内や学内のネットワーク保護に課題が残ることになる。

 iNetSec Inspection Center V7.0は、社給形態の課題に対して、iOSやAndroidの端末をMACアドレスで認証する。ネットワークに接続できる端末を社給端末に限定することができる。BYODの課題については、スマートデバイスのOSのバージョン検査、Android端末では必須ソフトの導入検査などを展開する。こうした機能で、最新版にアップデートされているiOS端末、ウイルス対策アプリが導入されているAndroid端末といった最低限のセキュリティ対策を確保できるようになっている。

図 iNetSec Inspection Centerの基本的仕組み

ZDNet Japan セキュリティフォーラム開催
朝日インタラクティブは2月22日、都内で「ZDNet Japan セキュリティフォーラム ~すぐに始めるサイバー攻撃対策~」を開催します。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます

  2. 経営

    サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え

  3. クラウドコンピューティング

    “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ

  4. クラウドコンピューティング

    RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋

  5. セキュリティ

    RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]