編集部からのお知らせ
スタート直前の5Gをチェック!
PickUp! オンラインストレージの進化と課題

相手の状況を自動推定、最適な手段で連絡--NECがスマホ向け新製品を発表

ZDNet Japan Staff

2012-02-20 16:32

 NECは2月20日、相手の状況を自動で推定して状況にあった連絡手段を選択して対話できるスマートフォン向けソリューションを開発したと発表した。Android搭載端末に対応、2012年6月に発売する予定だ。

 同ソリューションは、連絡先のスマートフォンの情報を元に相手が現在どのような状況にあるかを推定し、状況にあった手段で連絡を取れる機能を提供する。乗り物での移動中や会議中は電話に出られないなどといった状況を推定し、適切なコミュニケーション手段を推薦する機能だ。具体的には「電車に乗って移動している」「歩いている」などと相手の現在の状況を推定し、その結果を元にメールなどの適した連絡手段をシステムがユーザーに自動で推薦する。ユーザーは推薦された手段を選択、連絡することで、相手の状況に適した手段でスムーズに連絡できるとしている。

 同社中央研究所が開発した行動推定技術により、スマートフォン内蔵の加速度センサのデータを分析して、「静止中」「会議中」「歩いている」「電車で移動中」「車で移動中」の5つのパターンから現在の状況が推定される。また、システムは相手の状況に適したコミュニケーション手段の候補を表示。ユーザーは相手の状況や手段を意識せずに適切なコミュニケーションを実現できるとしている。また、質問への回答候補を付与するなど、文章の入力サポート機能も提供。回答を得たい相手の文章入力負荷を軽減することで、タイムリーなやりとりを実現するとしている。

  • 本ソリューションのイメージ図(出典:NEC)

  • 相手の状況を「静止」と判断、最適な連絡手段を表示(出典:NEC)

 サーバ向けとクライアント向けのソフトウェアなどで構成される同ソリューションは、通信事業者やサービス事業者向けに販売される。価格は個別見積もり。Android OSに対応しており、iPhone向けの開発は現時点で予定されていないという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]