編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

前橋市と大和市、図書館業務にSaaS活用--利用者サービスを強化へ

田中好伸 (編集部)

2012-02-22 14:48

 前橋市立図書館と大和市立図書館は1月からSaaS型の図書資料管理業務システム「GPRIME for SaaS/図書館」を活用している。NECが2月22日に発表した。

 群馬県前橋市の前橋市立図書館は、本館と分館をあわせて現在16の市立図書館があり、合計約100万冊の蔵書を保有している。神奈川県大和市の大和市立図書館は図書館1館と学習センターに設置している4室の図書館で構成、合計約43万冊の蔵書を保有している。

 GPRIME for SaaS/図書館は、公共図書館や組織内の図書室、資料室などで蔵書の管理、検索、予約、貸し出し、返却、利用者管理などの業務システムをNECのデータセンターからSaaS型で提供する。今回新たに図書館とデータセンターを接続するネットワークも提供する「VPNサービス」もサービスメニューに追加されている。

 前橋市立図書館のように100万冊という大規模な蔵書管理にクラウドを活用するのは日本初の事例という。同図書館ではVPNサービスも活用、ネットワークも含めた全体最適化を図ることが可能となり、同等のシステムを個別に開発、運用する場合と比べて、5年間でIT経費を約25%削減できるという。

 どちらのケースでも、図書館の業務システムの運用管理だけでなく、ネット接続環境や図書館の間のネットワーク環境の構築や管理、障害対応などもサービスに含まれているため、職員の負担を軽減できると説明。両市ともに、削減したコストや職員のリソースを図書館利用者へのサービス強化に振り向けることが期待できるとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]