編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

クラウド環境でもベンダーロックインが問題に--VMware、背景と対策を語る - (page 2)

齋藤公二 (インサイト)

2012-02-24 13:56

マルチ言語、マルチサービスに対応するCloud Foundry

 シャネゾン氏によると、AWSの障害時にTwilio(VoIPやメッセージサービスの提供)、Smugmug(写真共有サービス)、SimleGeo(位置情報サービス)といった企業はサービスを継続させた。彼らは、IaaS上に独自の分散プラットフォームを構築しており、AWSの障害がサービス全体を停止させる“シングルポイント”にならずに済んだのだという。

 そのうえでシャネゾン氏は、クラウド環境におけるベンダーロックインを避けるうえでは、こうした独自プラットフォームの構築が有効な対策になると指摘する。ヴイエムウェアが昨年4月リリースしたオープンソースのPaaSソフトウェア「Cloud Foundly」は、そうした独自プラットフォームの構築を支援するものでもある。


パトリック・シャネゾン氏

 Cloud Foundlyの特徴は、マルチ言語/フレームワーク(Java、Spring Framework、Ruby、Rails、Sinatra、PHP、Node.jsなど)、マルチサービス(MySQL、PostgreSQL、RabbitMQ、Redius、MongoDBなど)に対応していることだ。また、Apache License 2.0のオープンソースとして公開されており、クラウドサービスとして利用できるほか、社内でのプライベートクラウド構築にも利用できる。

 「特定の言語やフレームワーク、サービスにしばられることがなく、企業は自社のサービス開発に専念することができる。また、オープンソースであるため、必要な機能を自由に開発でき、開発に俊敏性が得られるというメリットもある」(シャネゾン氏)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]