エルピーダメモリに“次”はない 経営体質を変えられるのか - (page 2)

大河原克行 2012年02月28日 13時50分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

韓国ウォンとの差は70% 2世代先の技術でなければペイしない

 エルピーダメモリの経営破綻の陰には、長期化する円高の影響が見逃せない。

 DRAM市場でエルピーダと戦いを繰り広げている韓国サムスンは、ウォン安を背景に世界市場での価格競争力を持つ一方、エルピーダメモリは長期化する円高で厳しい戦いを余儀なくされてきた。

  • 会見会場に入る坂本社長ら、一斉にフラッシュがたかれた

 坂本社長は「リーマンショック前と今とを比べると、韓国のウォンとの差は70%になる。70%の差を埋めるには、テクノロジーで2世代先に行かないとペイしない。為替が完全に競争力を失わせている」とコメント。「いまの時点でそれをいっても負け惜しみになるが、この為替変動の大きさは一企業の努力ではカバーしきれないほど。ここまで為替が振れることを予測できなかったのは私の経営判断ミスともいえるが、ここまでになるとはとても考えられなかったのが現実」などとした。

経営体質をどこまで変えられるか

 では、エルピーダメモリは、今回の会社更正法の申請によって復活できるのだろうか。

 かつて、日本のDRMA事業は世界で70%以上のシェアを誇っていたが、日本の唯一のDRAMメーカーであるエルピーダメモリのシェアはわずか15%。世界第3位に甘んじている。首位の韓国サムスンが45%のシェアを獲得しているのとは大きな差だ。まずは「1年後には30%のシェア獲得を目指す」としたが、その具体策については「ここでは明かせない」と言及をさけ、不透明なままだ。

  • 会見で謝罪するエルピーダメモリの坂本幸雄社長(左)と白井康雄CFO

 シェアの差を生んでいるのはやはり価格競争力だ。もともと信頼性の高い高付加価値製品を中心としていたエルピーダが、いまよりさらに一歩、価格競争力を意識した領域に踏み出せるのかもひとつの鍵になろう。

 坂本社長は「これまでのPC用DRAMの世界が、携帯電話の世界へと広がることになる」と指摘するが、まさにここでもローコストの戦いが重視される。

 20nmというエルピーダの最先端製造プロセスを生かした付加価値戦略とコストダウン効果が鍵となるのは明らかだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SpecialPR

連載

CIO
“真FinTech” 地域金融の行方
教育IT“本格始動”
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
スペシャル
デジタル時代を支える顧客接点改革
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
エンタープライズトレンドの読み方
10の事情
座談会@ZDNet
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]