編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ベリサインのシールインサーチで検索サイトからの流入増加--平均6.6%向上

吉澤亨史

2012-03-01 17:04

 日本ベリサインは3月1日、同社が提供する「シールインサーチ機能」でベリサインを利用するサイトへのGoogle、Yahoo!、bing、gooの検索結果からの流入数が平均6.6%向上したことを確認したと発表した。

 シールインサーチ機能は、同社のSSLサーバ証明書と「VeriSign Trust Seal」に無償でバンドルされる。この機能によってGoogle、Yahoo!、bing、gooなどの検索結果でユーザーのサイトのリンク横に信頼の証となる「ベリサインシール」が表示される。

 ネットレイティングスの調査によると、シールインサーチ利用開始前後1カ月の99サイトにおけるGoogle、Yahoo!、bingの検索結果からの流入数が平均6.3%増加している。NTTレゾナントの調査ではシールインサーチ利用開始前後1週間の11サイトにおけるgooの検索結果からの流入数が平均7.0%増加した。

 日本ベリサインでは、今回の調査で同社のSSLサーバ証明書は、暗号化や認証といったSSLサーバ証明書の従来の安全性に関わる機能が高く評価され、検索行動をはじめとするネット上での行動に大きな影響を与えることが明らかになったとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]