編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

オラクル、Exadataの遠隔運用管理サービス--専門技術者が24時間365日体制で

田中好伸 (編集部)

2012-03-02 15:19

 日本オラクルはデータベース専用機「Oracle Exadata Database Machine」の運用管理を同社の専門技術者が遠隔から展開する「Oracle Exadata On Demand」を3月1日から提供している。

 Exadata On Demandは、Exadataのミッションクリティカルなシステムをオラクルの専門技術者が遠隔地から運用管理を担う。専門の技術者が24時間365日体制でシステムを監視、運用管理することで、障害時にも迅速に対応できるという。

 システムへの調査依頼、必要なパッチの適用、ハードウェアとソフトウェアともにシステムへのさまざまな修正や変更をユーザー企業のシステム利用環境の変化にあわせて計画的かつ適時適切に最適化していくとしている。ミッションクリティカルなシステムの安定的かつ高性能な稼働を維持して、障害を未然に防止することに役立てられるという。オラクルのサービス担当者が、ユーザー企業に定期的な報告、相談、必要に応じて改善提案する「ガバナンスサービス」も提供していく。

 提供形態は「@Customer」「@Partner」「@Oracle」の3つ。@Customerはユーザー企業、@Partnerはオラクルのパートナー企業、@Oracleはオラクル、それぞれのデータセンターに設置されるExadataに遠隔地からサービスを提供する。参考価格は@Customerで年間855万9734円から、ガバナンスサービスは年間835万4203円円から。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]