編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

格安航空のピーチ、会計システムでSaaS型ERPを採用--“持たない”のがポリシー

田中好伸 (編集部)

2012-03-05 09:30

 格安航空会社(LCC)のPeach Aviationは会計システムとしてSaaS型統合基幹業務システム(ERP)の「NetSuite Release J」を2011年11月から稼働させている。ネットスイートが3月2日に発表した。

 Peach Aviationは日本初のLCCとして2011年2月に設立。関西国際空港を拠点にして、3月1日から関空-新千歳路線が就航している。低価格な料金体系を実現するために効率的でシンプルな基盤作りを目指しているという。システムも“持たない”ことをポリシーに掲げており、会計システムでもパブリッククラウドやSaaSの活用が前提としている。

 複数のERP製品を検討した結果として、NetSuite Release Jを選んでいる。SaaS型のERPであることに加え、低価格かつ短期間での導入が可能であること、将来的な拡張も容易であることも決め手になったという。独自のカスタムコンフィギュレーション機能で、入力画面やフィールドの変更が簡単に操作できること、分析機能もあること、多通貨に対応していることも選定の要因としている。

 Peachは2011年8月からシステムを構築、3カ月後に導入が完了、現在は順調に稼働している。システムに業務をあわせることで標準化、簡素化を行い、担当者の運用負荷を軽減することに成功しているという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]