編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

クラウドは1400万件の新規雇用を創出、半数は中国とインド--Microsoft

冨田秀継 (編集部)

2012-03-06 17:44

 米Microsoftは3月5日(米国時間)、クラウドコンピューティングと雇用に関する調査結果を発表した。クラウドコンピューティングは2011〜2015年にかけて1400万件の新規雇用を生み出すと主張している。また、クラウドコンピューティングが生み出すITイノベーションによって、新規事業として年間1兆1000億ドルの収入がもたらされるとしている。

 この調査はMicrosoftの委託を受け、ITリサーチ会社のIDCがまとめた。1400万の新規雇用の半数は、中国とインドで生み出されるという。上位4カ国の内訳は、中国が約460万件、インドが約210万件、米国が約110万件、インドネシアが91万6000件。日本は26万2700件の新規雇用創出が見込まれている。

クラウドが生み出す新規雇用(出典:Microsoft) クラウドが生み出す新規雇用(出典:Microsoft)
※クリックでMicrosoftのサイトにアクセス

 米IT業界と雇用をめぐっては、2つの大きな話題が現在進行形で議論されているところだ。

 一つは今年11月に行われる米大統領選挙。再選を目指すオバマ大統領は、年頭教書演説で米国最大の課題を「雇用」と定めた。なかでも、国内製造業での雇用創出に力を入れる考えを示している。この方針に影響を与えたのは、スティーブ・ジョブズであるとされる。

 もう一つは雇用の国外流出で、この問題の矢面に立っているのはアップルだ。同社は3月2日(米国時間)、雇用に関するウェブページを公開し、米国で51万4000件の雇用を創出したと主張している。

 米大統領選挙と雇用の問題、これらに関連したアップルの動向については、ZDNet Japanの特集「三国大洋のスクラップブック」の「iエコノミーの光と影」シリーズに詳しい。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]