編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

テラデータ、DWH新製品2モデル提供--システム全体の可用性などの向上狙う

田中好伸 (編集部)

2012-03-09 17:00

 日本テラデータは3月9日、データウェアハウス(DWH)の新製品「Teradata Active Enterprise Data Warehouse(Active EDW)6690」とDWHアプライアンス「Teradata Data Warehouse Appliance(DWA)2690」の販売を開始した。同日から出荷している。

 Active EDW 6690は、ソリッドステートドライブ(SSD)とハードディスクドライブ(HDD)のハイブリッド型ストレージを標準で搭載する最上位機種。2011年5月から提供しているハイブリッド型ストレージの第2世代モデルになる。全社規模での活用を想定している。

 Active EDW 6690のユーザー使用可能領域は6T~53Pバイトまで拡張できる。Active EDW 6690ではSSDとHDDを従来の3.5インチから2.5インチに変更しており、第1世代のActive EDW 6680と比較して搭載できるドライブ数が2倍になっている。単位データあたりのパフォーマンスはHDDベースのActive EDW 6650と比較して最大2.2倍向上しているという。

 今回のActive EDW 6690では、仮想化ストレージ技術「Teradata Virtual Storage(TVS)」も搭載している。第1世代のActive EDW 6680から搭載されているTVSは、複数のストレージを仮想的に1つのストレージ空間として扱い、各ディスクのパフォーマンスを自動的に識別して、頻繁に使用する“ホット”データは高速なSSDに、あまり使用しない“ウォーム”データや“コールド”データはHDDに保存する機能。TVSが時間とともにデータの使用状況を監視し、温度が変化したデータを自動的に適切なストレージに移行する。

 Active EDW 6690の税別価格は、最小構成でハードウェアとソフトウェア込みで1億5000万円から。リアルタイム性がオペレーショナルビジネスインテリジェンス(BI)、ビッグデータに対する複雑な分析が必要なデータマイニングや顧客情報管理システム(CRM)など、多数のアプリケーションを同時に稼働させることが必要な企業を中心に導入を見込んでいる。

 DWA 2690は、エントリレベルのDWH向けにハードウェアとソフトウェアをあらかじめパッケージ化し、最適化したプラットフォームの第5世代になる。今回のDWA 2690は、初めてハードウェアによるデータ圧縮エンジンを標準で搭載している。

 データ圧縮エンジンは、自動的にブロックレベルで圧縮し、出荷時に3倍の圧縮が設定されている。データは自動的に圧縮されることで、ユーザーやデータベース(DB)管理者の関与は不要という。加えて、第4世代のDWA 2650と比較してスキャン性能が2倍になっているとしている。

表 Teradataプラットフォーム一覧
※クリックすると拡大画像が見られます

 DWA 2690は、同社のDWH専用DBの最新版である「Teradataデータベース 14.0」を活用すると、地理空間分析、テンポラル機能による時系列分析など、多様な分析がより高速になるという。「テンポラル」機能は、データの変更履歴を自動的にDBに格納する機能。ユーザーは履歴情報を使用して、過去のある時点に存在したデータや将来のある時点で有効になるデータから、過去から現在、未来に至るまでの情報に容易にアクセスできるとしている。

 Teradataデータベース 14.0には「Teradata Columnar」機能も搭載されている。Teradata Columnarは、行単位によるデータ格納に加え、列単位によるデータ格納をハイブリッドでサポートする。列データに対する自動圧縮機能で、ストレージ容量を削減できるという。DWA 2690はTeradata Columnarを活用することで、さらなる性能向上とデータ圧縮が可能としている。

 DWA 2690のユーザー領域は非圧縮で最大54.9Tバイト。最大システム構成で315Tバイトまで拡張できる。最小構成の税別価格は、ハードウェアと基本となるソフトウェア込みで3500万円から。

 日本テラデータは同日、同社のDWHを中心とするデータ分析システムを有機的に連携させ、効率的に活用、管理する考え方「Teradata分析システム」も発表している。このコンセプトを実現するソフトウェアとして「Teradata Unity」「Teradata Data Mover」「Teradata Multi-System Manager」を4月から順次発売していく。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]