編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

「Windows 8 Consumer Preview」--良い点と悪い点 - (page 2)

Adrian Kingsley-Hughes (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2012-03-13 07:30

良い点

FigB

 嘘ではない。Windows 8には素晴らしい点が数多くある。

 まず、幸先の良いことにインストールが簡単である。筆者は物理的なハードウェア上と仮想マシン上の双方にWindows 8をインストールしてみたが、いずれのケースにおいても何の問題も発生しなかった(ただし、既存のWindowsに対してWindows 8を上書きする、アップグレードインストールは試していない。これについては、気が向けば行ってみようと考えている)。Jobs氏風に表現すると、Windows 8のインストールメカニズムは「just works」(ちゃんと機能する)というわけだ。

 また、高速に動作し、表示も滑らかである。さらに、OSとしてのレベルを超えた美しさを誇っている。少なくとも、今までのWindowsのさえない(誰もがそう思っているはずだ)ユーザーインターフェースが色彩豊かなものに大変身している。以前の壁紙は人目を引くだけの無意味な装飾でしかなかった。しかしMetroでは派手な色遣いに対して、少なくともちゃんとした意味付けがなされている。

 またWindowsのユーザーインターフェースとしては、かつて見られなかったほどのすっきりした感じと鮮明さも生み出されている。いろいろな意味において、Metroで成し遂げられたユーザーインターフェースの再設計は、われわれが解像度1024×768の窮屈な画面から脱却し、より大きく、解像度も高い画面を使うようになって以来、待ち望んできた改変となっている。OSの「Metro化」により、目をこらして小さなテキストを読んだり、極小のユーザーインターフェース要素にポインタを移動させる必要がなくなったのである。

 あらゆるものが大きく、あらゆるものがはっきりしている。このため、あらゆるものが見やすく、使いやすくなっているというわけだ。

 マルチモニタのサポートもまた、これまでのWindowsのなかで最高レベルだ。Microsoftはようやく、複数のディスプレイを並べて使用するユーザーの存在を認め、そういったユーザーのエクスペリエンスを改善するためのサポートを提供するようになったようだ。

FigC
FigD

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]