編集部からのお知らせ
新着:記事選集「エッジコンピューティング」
PDF Report at ZDNet:「文章を書くAI」

住友生命、営業端末にWindowsの専用スレートPC4万台導入

田中好伸 (編集部)

2012-03-13 14:52

 住友生命は営業職員の新しい携帯端末として4万台の専用スレートPCを導入する。7月から約3万人が利用を開始する。NECが3月13日に発表した。

 住友生命では従来から営業力強化の一環として専用のモバイルノートPCを利用していた。営業職員の顧客への対面コンサルティングの充実や持ち運びなどの利便性向上を目指し、既存資産を有効活用できるWindowsのスレートPCの採用を決めている。OSとして「Windows 7 Professional」を採用している。

 新端末はスレート状の本体に12.1型のタッチパネル液晶を搭載し、ペン入力のユーザーインターフェース、9.8mmで945gの軽量薄型となっている。約8時間駆動するバッテリも搭載している。

 無線LANとNTTドコモのLTEサービス「Xi」対応機能も内蔵している。営業職員が事務所内の業務で文字入力をしやすいUSB接続の専用外付けキーボードも導入される。

 新端末では、顧客データを保存しない仕組みを採用している。営業職員が個別に端末認証用USBトークンを所有して、新端末にUSBトークンを装着した上でIDパスワードを入力しないとシステムを利用できない仕組みにもなっている。

 NECは住友生命専用スレートPCを汎用化したモデルを「VersaPro」シリーズとして販売する予定という。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]