CTC、TechnoCUVICで災害復旧対応サービス--バックアップやDC間網も提供

田中好伸 (編集部)

2012-03-14 16:57

 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は3月14日、仮想化ホスティングサービス「TechnoCUVIC」の新メニューとして、災害復旧(DR)に対応できる「DRサービス」を4月から提供すると発表した。(1)TechnoCUVIC DRバックアップ(2)TechnoCUVIC DC間ネットワーク(3)TechnoCUVIC 広域負荷分散の3つで構成されている。

 TechnoCUVIC DRバックアップは、TechnoCUVICを利用する、アプリケーションデータや仮想マシンのデータなどユーザー企業の資産を遠隔サイトにバックアップする。災害時には、バックアップされたアプリケーションデータや仮想マシンのデータから復旧して、サービスを継続させることが可能という。初期費用35万円、月額費用2万5000円(100Gバイト単位)となっている。

 TechnoCUVIC DC間ネットワークは、CTCのデータセンター間をつなぐ広帯域ネットワークを利用して、TechnoCUVICのユーザー企業に共有タイプのデータセンター間接続を提供する。関東圏と関西圏にあるTechnoCUVIC上のシステムをネットを介さずにセキュアに接続して、大規模、高可用性のマルチセンターシステムを構築できるという。初期費用は14万8000円、100Mbps共有1拠点で月額費用7万円となっている。

 TechnoCUVIC 広域負荷分散は、複数のセンターを利用したコンテンツ配信システム。災害時でも停止が許されないシステムのための、マルチセンターでの負荷分散や冗長化を実現できるという。初期費用9万円、月額費用4万5000円となっている。

DRサービスのイメージ DRサービスのイメージ
※クリックで拡大画像を表示

 現在、ITインフラの冗長化や分散化、データバックアップ、運用体制の確保など、システムの規模や特性に応じたDRの必要性が高まっている。CTCによると、2011年3月の震災以降のDRニーズは増えているという。同社では企業ごとにDRシステムを構築してきているが、そのシステム構築サービスを標準化したものが今回のDRサービスになる。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]