太陽生命、契約加入手続きのペーパーレス化、キャッシュレス化を開始

田中好伸 (編集部) 2012年03月22日 13時18分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 太陽生命保険は3月21日からITを活用して契約加入手続きのペーパーレス化、キャッシュレス化、テレビ電話での相談や健康確認などを始めた。契約手続きを簡素化するとともに、スピーディーな保障の引き受けを実現するという。

 太陽生命では2011年10月下旬から営業職員の端末として12.1型の液晶タッチパネルを搭載したノートPCを導入している。従来、紙で行っていた契約の申し込みを、携帯端末で電子署名で完了できる。契約手続きに必要な書類が削減されたとしている。

 営業職員は決済端末も携帯しており、デビットカードやクレジットカードで保険料を支払えるようになっている。決済端末からは、口座振替手続きも契約時に完結できるようにもなっている。

写真

 デジタルペンを利用することで、顧客の健康状態の情報を直接本社に送信して、契約加入査定を迅速に展開できるという。告知してもらった健康状態の内容を顧客がそのまま保管できるとしている。

 これまで日を改めて行っていた面接による健康確認を、携帯端末に内蔵したテレビ電話の機能を活用して、本社のスタッフが契約手続き時に実施することもできる。テレビ電話の機能を活用すれば、顧客からの高度で専門的な相談や質問に対して、本社のサポートセンターの専門スタッフが顧客を待たせることなく応えられる体制となっている。

 太陽生命はあわせて、サービスセンターを3月25日から週7日稼働させる体制も取る。土曜日、日曜日も平日と同様のサービスを提供することで、顧客からの質問に答えるとともに手続きも受け付ける。

 携帯端末は富士通製。盗難や紛失時でも遠隔操作からデータを消去できることから、セキュリティがより強固になっているという。デジタルペンは大日本印刷が開発。自筆サインデータの再現性や書面交付への対応といったことを両立させられるシステムツールとしている。

 また、日本IBMが平日システムと休日システム間のデータを同じ内容にする処理基盤の開発、あわせて運用と保守手順の休日対応も担った。休日のサービスは、営業支援サービスと事務サービスに加え、コールセンターサービスも提供するため、コールセンターシステムを刷新して、平日と休日のシステム稼働が実現したと説明している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算