ソフトウェア品質をどう担保するか--品質監査制度の確立に向けた取り組み

杉山貴章(オングス) 2012年03月22日 20時04分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IPA(独立行政法人情報処理推進機構)では、産業界におけるソフトウェアの品質説明力の強化を目指して、新たに「ソフトウェア品質監査制度(制度名については仮称)」の確立に向けた取り組みを進めている。

 本特集では、IPA ソフトウェア・エンジニアリング・センター(IPA/SEC)の協力の下、同制度の目的やフレームワーク、具体的な取り組みの内容などについて、4回に渡って解説していく。

 第1回となる今回は、新たな制度を作る必要が生じているその背景に触れていきたい。

第三者による検証で品質説明力を高める

 IPA/SECの統合系プロジェクトにおいて「第三者による検証・妥当性確認の枠組み」に関する検討チームが結成されたのは2010年4月のことである。その前月に行われた産構審情報システム・ソフトウェア小委員会での提起を受けてのことだ。その後、同7月に調査活動を開始、同11月に名古屋大学の高田広章教授を主査として制度検討委員会が発足した。

 なぜIPAがこのような取り組みを始めることになったのか。その背景としては、次の4つのポイントが挙げられている。

  • 品質説明に対する市場意識の変化
  • 製品仕様と利用者要求とのギャップの拡大
  • 先端技術製品の潜在リスクへの不安
  • 品質文化の異なる業界横断でのシステム化

 以下では、この4つのポイントについて詳しく解説する。

第三者視点を取り入れた品質説明が必要

 IPA/SECで品質監査制度に対する取り組みを始めた2010年初頭といえば、米国で大手自動車メーカーによる大規模リコールが大きな注目を集めた時期でもある。このときに特に問題となったのが「品質説明力」だ。このリコールをめぐっては、電子制御システムの安全性に関する疑惑が取り沙汰され、最終的に公的機関による検証が行われる結果となった。事業者の説明だけでは不十分と判断されたためである。

 組込みシステムに対する機能安全や品質向上に対しては、長年にわたって各社あるいは各業界ごとに熱心に取り組んできた。しかしながら、このリコール問題に関する米国の対応は、当事者企業の技術的な主張だけでは品質の説明として不十分だという事実を示している。利用者に品質や安全性を納得してもらうためには、中立な立場からの客観的な評価が不可欠なのだ。さらに、その評価を技術に対する専門的な知識を持たない消費者にも分かりやすい形で提供できなければならない。そこで、第三者による検証や妥当性確認、情報の公開までを盛り込んだ新しい枠組みが求められているというわけである。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算