日立、ビッグデータ活用支援ソリューション「vRAMcloud」

田中好伸 (編集部) 2012年03月27日 14時06分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立製作所は3月27日、ビッグデータの戦略的活用を支援するソリューション「vRAMcloud(vitualized Random Access Memory cloud)」を3月28日から提供すると発表した。第1弾として、金融機関向けにプライベートクラウドの形態での構築サービスを提供する。

 vRAMcloudは、企業内外のさまざまな種類のビッグデータについて、データの統合管理とともに、データの特性に応じて、ストリームデータ処理からバッチジョブ並列処理まで分析や処理が可能な情報処理基盤を構築する。同社が提供するクラウドソリューション「Harmonious Cloud」の業種向けソリューション強化の一環になる。

 日立は2011年5月にVMwareと戦略的に提携。両社の製品や技術を融合して、日立の金融機関向けに培った基幹系システムの構築ノウハウを盛り込んで、ビッグデータ分散処理を効率的に進めるための基盤システムの構築に有効なフレームワークを開発している。

 新たに開発したフレームワークには、データの分散処理のためのさまざまな設計技法やドキュメント群のほか、ストリームデータやファイルデータ、データベースといったデータの特性を維持したまま、各種データを統合的に管理できる共通接続インターフェースを含んでいる。ビッグデータを分析するアプリケーションには、各種データの所在を意識することなく、目的のデータにアクセスできるという。

 このフレームワークを活用することで、VMwareの分散キャッシュソフトウェア「VMware vFabric Gemfire」を中心に、オープンソースの分散並列処理フレームワーク「Hadoop」、日立のストリームデータ処理ソフトウェア「uCosminexus Stream Data Platform」やバッチ分散処理ソフトウェア「uCosminexus Grid Processing Server」などが連携され、単体の製品だけでは難しい高度な情報処理が実現できるとしている。

図 vRAMcloudの概要
※クリックすると拡大画像が見られます

 vRAMcloudは、ストリームデータ処理や分散キャッシュ処理などのインメモリ処理技術を活用して、SNSなどの日々大量に発生するデータをリアルタイムに分析、処理することができるという。数時間かかっていたバッチ処理をバッチジョブ分散並列処理で分単位に短縮できるとしている。ユーザー企業は、現在のリアルな情報と、過去の蓄積情報を瞬時に分析、照合して、いち早く顧客ニーズの変化をとらえた業務オペレーションを実行できるという。

 たとえば顧客情報管理(CRM)業務では、SNSやメールなどで寄せられたクレーム情報をリアルタイムに抽出して、該当する顧客情報と瞬時に照らし合わせて、関連部署へプッシュで配信して、スピーディーに顧客対応するといったことが可能になるとしている。日立では、1000万人以上の顧客情報に対するあいまい検索や範囲検索など個人の特定が難しい複雑な検索についての実証実験を展開。RDBMSで約10秒かかっていた検索時間を、vRAMcloudを活用することで1秒以下に短縮するということを実現したという。

 現在、多くの業務システムで利用されているRDBMSは、あらかじめ将来のデータ増加を見込んだ、大規模なIT資源のサイジングが必要となっている。拡張性も十数台のマシンで限界に達すると指摘されている。システムを運用していく中で、RDBMS上のデータの増加や偏りが発生して、データの分割や再配置といった煩雑な保守作業が必要になっている。

 vRAMcloudは、分散キャッシュや仮想化技術をコアとして活用することで、小規模からの導入に加え、数百台以上に拡張しても、処理能力を向上できるプライベートクラウド基盤を構築する。分散キャッシュ技術上のビッグデータについて、人手でデータを割り振ることなく、自動的に各マシンに均等にデータを再配置できるとしている。システム拡大とともに、ソフトウェアのライセンス料や保守料が増加するRDBMSと比較して、運用コストを半分以下に抑えられるという。

 vRAMcloudは、導入診断や導入などのコンサルテーション、システムインテグレーション、既存システムからのマイグレーションで構成される。いずれも価格は個別見積もりとなっている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算