CIOよ、ものすごく悩み、そして考えよ--ガートナー 重富俊二氏

冨田秀継 (編集部) 2012年03月29日 15時32分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アステラス製薬でコーポレートIT部長を務めていた重富俊二氏が、ガートナー エグゼクティブプログラム部門 バイスプレジデント兼エグゼクティブパートナーに就任した。

 経営管理部門からやってきたIT部長ともいえる重富氏は、「テクノロジのことは全く分からなかった」と笑う。しかし、求められたのであろう役割は「ITとビジネスの通訳」だった。ITがビジネスにどう貢献しているのか、自分たちで説明できるように部門の文化も変えていった。

 重富氏にこれまでのキャリア、CIOの役割、そして悩めるCIOへの助言を聞いた。

自身のキャリアを振り返って

重富俊二氏 重富俊二氏
※クリックで拡大画像を表示

 私が藤沢薬品工業に入社したのが1978年、社長室に配属された。今でいう広報や経営企画、予算管理、秘書などが集まる部署だ。入社直後は、主に中期計画に関する仕事をしていた。

 その後、予算管理を担当する経理部に異動し、入社9年目には組合の専従者になった。専従は10年間も続けたことになる。

 1987年に経営企画部に戻ったが、2003年、急に情報システムの部長をやれといわれ、IT企画部長に着任した。就任から1年も経たないうちに山之内製薬と合併することになり、2004年はシステム統合にかかりきりになった。

 2005年にアステラス製薬が誕生。当時は情報システム本部という部門があり、私はそこの企画部長をやっていた。2007年に情報システム部門の組織改編があり、CEO(最高経営責任者)直属のコーポレートIT部が新設され、そこの部長に着任した。2007年4月のことだ。

 アステラス製薬には2011年9月まで在籍したので、ITに携わったのはこの8年半ということになる。

管理部門からやってきたIT部長として

 こうしたキャリアだったため、会社は「経営の視点からITを見てほしい」と考えたのではないかと推測している。システムの話にはお金がかかる。経営側から見れば、なぜそれだけお金がかかるのか、その投資は戦略的なのかを知りたかったのではないだろうか。

 もっとも、当時の環境を踏まえれば、他社の情報システム部門もバージョンアップがどうだとか、そういった話に振り回されていたと思う。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算