編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

SAP、プロアクティブなサポートプログラム提供--専任者をオンサイトで

田中好伸 (編集部)

2012-04-09 14:57

 SAPジャパンは4月9日、新しいサポートプログラム「SAP ActiveEmbedded」と製品の効果を購入前に検証できる「SAP Rapid Prototypingサービス」の提供を開始したと発表した。

 SAPジャパンは、同社が提供するソフトウェアの導入から稼働、運用、アップグレードまですべての業務システムのライフサイクルをきめ細かく把握してフルサポートするプレミアムサポートプログラム「SAP MaxAttention」を2003年から提供している。提供開始となったActiveEmbeddedは、MaxAttentionに準ずる位置付けという。

 ActiveEmbeddedは、障害など一般的案件ごとに発生するリアクティブサポートと違い、より包括的でプロアクティブなサポートになる。専任の担当者をオンサイトでアサインして、ユーザー企業のシステムの状況や課題、ニーズなどを理解しながら、最適な解決策を提案する。

 システムのすべてのライフサイクルをユーザー企業と共有しながら支援することで、ユーザー企業側にもSAPのプロフェッショナルの情報が共有されることになるという。ユーザー企業は最新のITに対する知識を共有でき、より高いレベルで発展的なIT投資を継続的に行えるとしている。

 Rapid Prototypingサービスは、MaxAttentionとActiveEmbeddedのユーザー企業向けに提供される。インメモリソフトウェアの「SAP HANA」などの導入効果をライセンス購入前に最長90日間で検証できるというもの。シナリオ作成から、システムの環境構築、効果の検証までを展開できる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]