編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

JavaOneで見た、iPadからクラウドまでJava技術を売り込むオラクルの戦略

星 暁雄

2012-04-12 17:11

 Javaテクノロジに関するカンファレンス、「JavaOne 2012 Tokyo」が4月4および5日に開催された。旧Sun Microsystemsを買収したOracleの日本法人である日本オラクルによりOracle Open World Tokyo 2012と併催する形となった。日本でのJavaOne開催は実に7年ぶり。ここで筆者が目にしたものは「Javaの進化が再び始まり、継続中である」というOracleからのメッセージだった。

 Javaテクノロジの進化は、一時期は「停滞していた」と言わざるを得ない状況にあった。象徴的なのは、JavaテクノロジのコアであるJava SEのバージョンが5年近くも更新されなかったことだ。Java SE6が2006年12月にリリースされてから、次のバージョンであるJava SE7が2011年7月にリリースされるまで、実に4年7カ月が経過している。その間にITの世界では、クラウドが一大潮流となり、iPhoneやAndroidといったスマートデバイスが爆発的に普及したのだが、その間Javaテクノロジの進化は停滞していたのだ。

 だが、Oracleによる旧Sun Microsystemsの買収を経て、Javaテクノロジは再び進化を始めた。今後は、JavaのコアといえるJava SEは2年に1度のペースで新バージョンを出す。今後は、クラウドへの対応(Java EE7のクラウド対応機能)、マルチコアプロセッサやビッグデータへの対応を視野に入れた並列処理への対応(Fork/Join Framework)、並列処理に適した関数型言語機能の取り入れ(Project Lambda)、そしてクロスプラットフォームUIフレームワークJavaFXによるスマートデバイスへの対応、HTML5に対応したプログラミングモデル(Project Avatar)など、現代的な課題に対応した機能を取り入れていく計画だ。

 特に、エンタープライズユーザーから見て大きな変化は、まずクラウド機能、次にクロスプラットフォームの新たなUIフレームワークだろう。

 クラウド対応を実現するのは、エンタープライズ版のJavaテクノロジであるJava EE7が標準機能として提供するPaaS機能である。これが実現すれば、Javaベースのアプリケーションサーバがそのままクラウドインフラとなる。Oracleは、Java EEの機能を利用できるパブリッククラウドの運用を開始しているが、このようなJava EEベースのクラウドサービスが複数登場することも十分に考えられる。

 また、Java EEベースのプライベートクラウドを構築することも今よりずっと容易になるだろう。Java EE7の最初の実装は2013年に「GlassFish4」として登場する予定だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]