編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

JavaOneで見た、iPadからクラウドまでJava技術を売り込むオラクルの戦略

星 暁雄

2012-04-12 17:11

 Javaテクノロジに関するカンファレンス、「JavaOne 2012 Tokyo」が4月4および5日に開催された。旧Sun Microsystemsを買収したOracleの日本法人である日本オラクルによりOracle Open World Tokyo 2012と併催する形となった。日本でのJavaOne開催は実に7年ぶり。ここで筆者が目にしたものは「Javaの進化が再び始まり、継続中である」というOracleからのメッセージだった。

 Javaテクノロジの進化は、一時期は「停滞していた」と言わざるを得ない状況にあった。象徴的なのは、JavaテクノロジのコアであるJava SEのバージョンが5年近くも更新されなかったことだ。Java SE6が2006年12月にリリースされてから、次のバージョンであるJava SE7が2011年7月にリリースされるまで、実に4年7カ月が経過している。その間にITの世界では、クラウドが一大潮流となり、iPhoneやAndroidといったスマートデバイスが爆発的に普及したのだが、その間Javaテクノロジの進化は停滞していたのだ。

 だが、Oracleによる旧Sun Microsystemsの買収を経て、Javaテクノロジは再び進化を始めた。今後は、JavaのコアといえるJava SEは2年に1度のペースで新バージョンを出す。今後は、クラウドへの対応(Java EE7のクラウド対応機能)、マルチコアプロセッサやビッグデータへの対応を視野に入れた並列処理への対応(Fork/Join Framework)、並列処理に適した関数型言語機能の取り入れ(Project Lambda)、そしてクロスプラットフォームUIフレームワークJavaFXによるスマートデバイスへの対応、HTML5に対応したプログラミングモデル(Project Avatar)など、現代的な課題に対応した機能を取り入れていく計画だ。

 特に、エンタープライズユーザーから見て大きな変化は、まずクラウド機能、次にクロスプラットフォームの新たなUIフレームワークだろう。

 クラウド対応を実現するのは、エンタープライズ版のJavaテクノロジであるJava EE7が標準機能として提供するPaaS機能である。これが実現すれば、Javaベースのアプリケーションサーバがそのままクラウドインフラとなる。Oracleは、Java EEの機能を利用できるパブリッククラウドの運用を開始しているが、このようなJava EEベースのクラウドサービスが複数登場することも十分に考えられる。

 また、Java EEベースのプライベートクラウドを構築することも今よりずっと容易になるだろう。Java EE7の最初の実装は2013年に「GlassFish4」として登場する予定だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  2. ビジネスアプリケーション

    経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説

  3. セキュリティ

    パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策

  4. 運用管理

    DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点

  5. セキュリティ

    サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]