編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

JavaOneで見た、iPadからクラウドまでJava技術を売り込むオラクルの戦略 - (page 2)

星 暁雄

2012-04-12 17:11

 クロスプラットフォームのUIも今後の動向に注意すべき分野だ。もともと「Javaは複数のOS上で共通のプログラムが動く」ことを売り物にしており、今はそのメリットをより発揮しやすい状況にある。最近になり、デスクトップではWindowsだけでなくMac OS XやLinuxの存在感が徐々に増している。また、iOSなどのスマートデバイスが爆発的に普及した。エンタープライズユーザーも、複数のOSへの対応が迫られることになる。

 Oracleは、新たなUIフレームワークであるJavaFXを今後のクライアントJavaの主流となるUIフレームワークとして売り込もうとしている。その特徴は、Windows、Mac OS X、Linuxと複数のデスクトップOSに対応し、さらにiOSなどスマートデバイスも対象にしようとしていることだ。マルチタッチなど現代的な機能を取り入れ、3D表現や多様なビジネスチャートなど、HTMLだけで実現するよりもリッチな表現を可能としている。

 JavaOneのキーノートでは「JavaFX on iOS」の試作品をiPad上で動かして見せた。これは、JavaランタイムとJavaFXベースのUIアプリをiOSアプリとしてバンドルしたものだ。現段階では試作にとどまるものの、企業ユーザーの間でiPadのようなスマートデバイスへの関心が強いことを考えると、Oracleが「デスクトップとスマートデバイス上でリッチなUIを備えた共通のクライアントプログラムを走らせる」という構想を実現しようとしていることは間違いない。

 Javaテクノロジは、現代のエンタープライズITのメインストリームとなっている。そのJavaテクノロジの世界で、クラウドやスマートデバイスも視野に入れた形で再び進化が始まっていることは、注意しておく必要がありそうだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]