編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

Hadoopディストリビューションの米クラウデラ、日本法人設立

田中好伸 (編集部)

2012-04-26 13:16

 米Clouderaは4月26日、日本法人を設立したことを発表した。同社はOSSの分散並列処理フレームワーク「Apache Hadoop」のディストリビューションである「Cloudera's Distrbution Including Apache Hadoop(CDH)」を提供している。日本法人はCloudera株式会社、代表取締役は小林ジュセッペ氏が務める。

 ClouderaはCDHのほかに、サポートサービスの「Cloudera Enterprise」も提供する。Cloudera EnterpriseはCDHと管理ツールの「Cloudera Manager」とサポートサービスで構成されるサブスクリプションモデルで提供される。

 日本法人は、日本市場でのビジネス開発やマーケティングに加えて、国内での技術サポートを提供。国内のSIerやグローバルパートナーとの関係を強化し、日本市場でのシェア拡大を目指す。

 Hadoop関連技術のトレーニングや認定資格を展開する「Cloudera University」を国内でも開催する。Cloudera Universityのトレーニングや認定資格は、業界内で最も定評があり、認知度が高いプログラムという。日本国内でのCloudera University認定のHadoopエンジニアは200人以上おり、Clouderaは多くの地域でHadoop資格者を増やすことに尽力する構えとしている。

 Clouderaは2010年にNTTデータと戦略的パートナーシップを構築している。データウェアハウス専業の米TeradataもClouderaと提携している。オラクルが提供しているアプライアンス「Oracle Big Data Appliance」にもCDHとCloudera Managerが搭載されている。

 同日、新日鉄ソリューションズはClouderaと販売代理店契約を締結。Clouderaにとってアジア太平洋地域での初の認定販売パートナーになる。CDHやCloudera Enterpriseを提供していく。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]