編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

Hadoopディストリビューションの米クラウデラ、日本法人設立

田中好伸 (編集部)

2012-04-26 13:16

 米Clouderaは4月26日、日本法人を設立したことを発表した。同社はOSSの分散並列処理フレームワーク「Apache Hadoop」のディストリビューションである「Cloudera's Distrbution Including Apache Hadoop(CDH)」を提供している。日本法人はCloudera株式会社、代表取締役は小林ジュセッペ氏が務める。

 ClouderaはCDHのほかに、サポートサービスの「Cloudera Enterprise」も提供する。Cloudera EnterpriseはCDHと管理ツールの「Cloudera Manager」とサポートサービスで構成されるサブスクリプションモデルで提供される。

 日本法人は、日本市場でのビジネス開発やマーケティングに加えて、国内での技術サポートを提供。国内のSIerやグローバルパートナーとの関係を強化し、日本市場でのシェア拡大を目指す。

 Hadoop関連技術のトレーニングや認定資格を展開する「Cloudera University」を国内でも開催する。Cloudera Universityのトレーニングや認定資格は、業界内で最も定評があり、認知度が高いプログラムという。日本国内でのCloudera University認定のHadoopエンジニアは200人以上おり、Clouderaは多くの地域でHadoop資格者を増やすことに尽力する構えとしている。

 Clouderaは2010年にNTTデータと戦略的パートナーシップを構築している。データウェアハウス専業の米TeradataもClouderaと提携している。オラクルが提供しているアプライアンス「Oracle Big Data Appliance」にもCDHとCloudera Managerが搭載されている。

 同日、新日鉄ソリューションズはClouderaと販売代理店契約を締結。Clouderaにとってアジア太平洋地域での初の認定販売パートナーになる。CDHやCloudera Enterpriseを提供していく。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]