編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

ヴイエムウェア、View 5.1などエンドユーザーコンピューティング新製品群 - (page 2)

大河原克行

2012-05-07 16:37

「VMware Horizonは、最終的にはあらゆるアプリケーションやファイルをカバーすることになるが、今回の製品では、SaaSやウェブアプリケーション、Windowsやクライアント/サーバ型のレガシーアプリケーションを対象に提供する。これらのデータにエンドユーザーはシングルサインオンでアクセスでき、IT部門ではセキュアで統合された環境で提供できるというメリットがある」(名倉氏)

 VMware Horizon App Manager 1.5のライセンスの市場想定価格は、指名ユーザーあたり7500円となっている。

写真3 Horizon App Managerがカバーする範囲
写真4 Octopusの位置付け

 ファイル共有を実現するVMware Project Octopusは、端末を問わず、データを共有し、共同作業を展開できる簡単かつセキュアな環境を提供できるパーソナルデータクラウドとしており、2012年第2四半期から提供していく予定だ。

写真5 名倉丈雄氏

 「企業版のDropboxとして2011年に発表したものをベータ版として提供する。セキュアな環境でどこからでもデータにアクセスできるようになる。企業におけるニーズは高いだろう」(名倉氏)などとした。将来的にはVMware Horizonというブランディングの中でVMware ViweやProject Octopusを包含する方向性を示した。

 ヴイエムウェアは、EUC領域でもパートナーシップ展開に力を注ぐことを強調。「パートナーにおけるEUCに関する技術者育成支援、多様なニーズに対応するソリューションの提供のためのISVやIHVとの連携強化、イベント、セミナー開催などによる技術情報提供や共同プロモーションの拡大を進めていく」(三木氏)などとした。

 三木氏は、同社の調査データから、日本では個人所有の端末の業務利用は22%に留まり、アジアで最も利用率が低いことや、71%の会社において会社から支給されているPCの社外持ち出しが禁止されていることなどを指摘。「国によって、セキュアな環境の考え方には差がある」としながらも、EUCでの日本の遅れを浮き彫りにしてみせた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]