トレンドマイクロ、小規模向け総合セキュリティソフト新版--Macにも対応

田中好伸 (編集部)

2012-05-10 13:09

 トレンドマイクロは小規模向け総合セキュリティソフトの新版「ウイルスバスター ビジネスセキュリティ(Biz)7.0」を5月18日から受注する。Windowsに加えて、Macにも対応している。5月22日から出荷する。

 Bizはウイルスやスパイウェア、フィッシング、迷惑メールなどへの対策、URLフィルタリングなどの機能を1つの製品で提供する。複数のセキュリティソフトを導入、管理することが不要なことから、専任のシステム管理者がいない小規模企業でも手間をかけずにクライアントとサーバのセキュリティ対策を講じることができる。

主な機能一覧
機能WindowsMac
ウイルス対策
スパイウェア対策
ウェブレピュテーション
フィッシング対策
迷惑メール対策
URLフィルタリング
USB接続端末制御
挙動監視
ファイアウォール

 新版ではWindowsに加えてMacにも対応。デザインや音楽などに関係する企業などMacが利用される傾向が高い環境、一部でMacを利用する企業のセキュリティを一元的に管理できる。新版ではまた、クライアントとサーバにインストールするエージェントを構成するモジュールを最適化している。エージェントの容量を軽減することで、メモリ使用量を50%削減、OS起動時間を約14%削減しているという。

 新版にはUSBメモリやポータブルHDDなどUSB接続端末の利用を制限する機能も搭載している。USB接続端末をクライアントに接続した際にアクセス権限なし、読み取り専用などで制御する。USB接続端末の使用が可能なクライアントを限定することで、従業員の不用意な情報持ち出し、外部からの不正プログラム感染などのリスクを軽減できるとしている。

 参考標準価格(税別)は、ライセンス版が5~24で1ライセンス6900円、パッケージ版が5ユーザーで2万7500円(1ユーザーあたり5500円)となっている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]