Citrix Synergy 2012:企業向けFacebook「Podio」で新領域に攻め込むシトリックス - (page 2)

冨田秀継 (編集部)

2012-05-10 23:15

オンプレミス版のShareFileが登場

 二つ目の「Data」では、Citrixが手がけるオンラインストレージの「ShareFile」で、企業向けの機能を充実させた「ShareFile StorageZones」が発表された。

 従来のShareFileではデータの置き場を指定することができなかったが、StorageZonesでクラウド以外の置き場を指定できるようになった。オンプレミスバージョンのShareFileとも言えるサービスで、特にコンプライアンスの強化と最適化を目的とした機能となる。

コンプライアンスを強化したShareFile コンプライアンスを強化したShareFile
※クリックで拡大画像を表示

 「ShareFileについては、お客様から『もっとコントロールが必要だ』という要望を頂いていた。StorageZonesがあれば、ドイツのお客様が契約書のデータをドイツに保存しておきたいといったケースにも対応できる」(Templeton氏)

 そして、「Citrix Receiver with Follow-Me Data」も発表された。Citrix Receiverは、「Citrix XenApp」や「Citrix XenDesktop」などにモバイル端末からアクセスするための製品。今回、Citrix ReceiverにShareFileを統合することも発表している。

 これらの新機能に加え、「Apps」分野で新たに登場する「CloudGateway 2」を組み合わせることで、IT管理者はCitrix ReceiverユーザーがPCやMac、iPadなどのタブレット端末、スマートフォン、シンクライアントで利用するアプリケーションを統合管理することが可能になる。

 このシナリオについては、後編で詳細を述べたい。

Keep up with ZDNet Japan
ZDNet JapanはFacebookページTwitterRSSNewsletter(メールマガジン)でも情報を配信しています。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]