減収減益から回復への道筋を探る富士通とNEC - (page 2)

大河原克行

2012-05-21 11:06

 山本社長は、「今年1月に東日本大震災とタイ洪水の影響により、年初計画を達成できないと報告したが、その際に第4四半期は1000億円の営業利益をあげて、リーマンショック以前の四半期業績に戻すとした。実際には、2011年度第4四半期には950億円の営業利益となり、営業利益率は7%強を達成。ほぼリーマンショック前の状況に戻った。攻めの構造改革が成果をあげ、リスク管理を徹底したことで達成できた」とする。懸念の電子デバイスも第4四半期には黒字に転換したという。

 続けて「早い時期に通期での営業利益率5%を目標にしており、2012年度はまずは3%の営業利益率を目指す。顧客フロント力、SE力、技術力を強化し、グローバルにインテグレートされた企業として発展させる。2012年度は成長に向けた再スタートの年とし、市況の影響を受けない強い会社を目指す」と語る。

 2012年度の連結業績見通しは、売上高が前年比1.8%増の4兆5500億円、営業利益が28.2%増の1350億円、経常利益は31.7%増の1200億円、当期純利益は40.5%増の600億円を目指す。

 「上期はかなり厳しいとみている」(富士通の加藤和彦CFO)とするが、ネットワークプロダクト、電子部品、オーディオ・ナビゲーション機器などが伸長。下期には国内サービス事業の回復や、LSIの需要持ち直しなどをプラス要素に見込んでいる。

 セグメント別では、テクノロジーソリューションの売上高が前年比2.2%増の3兆円、営業利益が5.1%増の1800億円。ユビキタスソリューションは、売上高が前年比0.5%増の1兆1600億円、営業利益は同25.4%増の250億円。デバイスソリューションは、売上高が前年比7.7%増の6300億円、営業利益は150億円の黒字転換を計画している。PCについては、前年比16%増の700万台を計画する。

 2004年からSEと営業の一体化を図ってきた富士通であるが、クラウド時代の到来とともに、これを分離する体制へと大きくシフト。「富士通の強みであるSEの技術力、提案力を生かせる体制へと再構築する」(山本社長)といった取り組みも、2012年度の重要な取り組みになりそうだ。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

関連記事

関連キーワード
富士通
NEC

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]