SAPの創業者とCTOがインメモリの「HANA」効果を語る--SAPPHIRE NOW

末岡洋子 2012年05月22日 09時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 独SAPは米フロリダ州オーランドで「SAPPHIRE NOW Orlando 2012」を開催した。千秋楽となる5月17日は創業者のHasso Plattner氏と最高技術責任者(CTO)のVishal Sikka氏が基調講演に登壇した。

 SAPはインメモリ技術「SAP HANA」によりエンタープライズのダイナミクスを根本から変えるという大きな賭けに出ている。そのインメモリ技術の立役者2人が順番にステージに立ち、技術とビジネスの両面からHANAの現状と展望を語った。

SAP史上最も成功した製品、HANA

 HANAは2年前のSAPPHIREでベールを脱いだインメモリ技術だ。インメモリは、ディスクではなくシステムのメインメモリにデータを格納することで高速化を図る手法である。

 HANAは当初、分析系(OLAP)の高速化技術として登場したが、2011年11月に発表したSP3では、同社の統合基幹業務システム(ERP)パッケージ「SAP ERP」のユーザー企業が利用するデータウェアハウス「SAP NetWeaver Business Warehouse」に対応、更新系(OLTP)に拡大した。

写真1 創業者のHasso Plattner氏

 Platter氏は「HANAは実験的なものではない」と説明。「SAPのほとんどのアプリケーションの土台となる――これにはオンプレミスもクラウドも含まれる」と続ける。SAPはHANAをプラットフォームにも拡大し、リニューアルを図る考えだ。

 さらにSAP以外のアプリケーションの土台としても売り込みを開始したところだ。複数の企業がHANAの上で既存のアプリケーションを動かそうとしているだけでなく、HANAの驚異的なスピードを活用する、全く新しいアプリケーションの登場に期待し、ベンチャー企業にHANAを使ってもらうプログラムも推進している。

 Sikka氏によると、HANAは一般提供開始から11カ月で顧客数は353社、実装は148件あり、エンドユーザー数は5万6000人を上回るという。現在8社のハードウェアメーカーと提携しており、ライセンス売り上げは約200万ユーロとし「SAP史上、売り上げからみて最も成功した製品」(Sikka氏)という。業務ソフトウェア業界全体でみても最も成功した製品ではないかと説明する。

 基調講演では多数のHANA導入事例が紹介された。たとえば、中国最大手の小売業SuningもHANAのユーザー企業だ。中国国内に1万8000店以上の店舗を持ち、3000人以上の営業マネージャーを抱える同社は、中央化したリアルタイム小売りシステムをSAPと共同で構築中だ。完成すれば世界最大のものになるという。

 今回、繁忙期のビジネスプロセスが遅いという以前からの問題を解消する目的でHANA導入を決定、わずか2週間の実装期間を経て4月28日にライブとなった。中国のブラックフライデーといわれる5月1日にテストしたという。結果として、パフォーマンスは10倍から1000倍改善したと説明する。

 このほか、Adobe Systemsは顧客満足度改善のためのイニシアティブ「Customer 365」でHANAを採用。SAP ERPにある購入履歴やSalesforce.comにあるリードとオポチュニティ、SAP CRMのサービス記録などさまざまなデータを利用してライフサイクル全体をサポートし、バリュー最適化を図るという。同じ作業を行うのにこれまで日単位を要していたが、HANAではリアルタイムになるとしている。Sikka氏は「HANAのユーザー企業に共通しているのは、ビジネスに価値をもたらしたことだ」とまとめる。

最新のSP4発表--テキスト検索、Hadoop統合

 HANAは“タイムレス”ソフトウェアで、バージョン番号を持たない。半年おきにリリースするService Pack(SP)として新機能を提供する形式を取っており、SAPPHIRE会期中、最新となるSP4の一般提供開始が発表された。SP4では、テキスト検索、統計解析プログラミング言語「R」への対応、予測とビジネスファンクションの2ライブラリを追加、データプロビジョニング、高可用性などの特徴を持つ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]