編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

IIJ、iPad活用したPOSシステムをSaaSで提供--店舗管理から顧客管理まで

田中好伸 (編集部)

2012-05-28 14:35

 インターネットイニシアティブ(IIJ)は5月28日、iPadを活用した販売時点情報管理(POS)システムをSaaS型で提供する「IIJ Smart POSサービス」を7月1日から提供すると発表した。1端末あたり月額2万円から利用できる。

 Smart POSサービスは流通小売業向けに、店舗に設置するPOS端末から精算や売上管理、在庫管理などの店舗管理機能、会員管理や販売促進などの顧客管理機能までを総合的にSaaS型で提供する。

 ユーザー企業は専用サイトで全店舗の売上高や在庫状況をリアルタイムに把握できる。加えて売れ筋商品などの分析、入出庫処理、棚卸処理などの管理機能も利用できる。会員情報の集計や分析、オンラインクーポンの発行、メールマガジンの配信などの販売促進機能も提供される。コンテンツ管理システム(CMS)機能を使って、店舗情報、クーポンやポイントの情報などを提供するモバイル端末向けウェブサイトも簡単に構築できるという。

図 システム構成イメージ

 POS端末としてiPadを活用する。動作確認済みのバーコードスキャナやキャッシュドロア、レシートプリンタなどの周辺機器も提供される。IIJ独自の端末管理システムで常に最新のアプリが配信される。POS端末が盗難された場合には遠隔でデータを消去したり、端末をロックしたりすることも可能だ。

 POSデータを集計、分析するサーバはIIJのデータセンター内で24時間365日運用を管理される。POS端末入れ替えで店舗内をより省スペース化し、電気代や管理要員などのコストも削減できるという。繁忙期や歳事などで一時的に端末を追加したいときには、1カ月単位で利用できる短期レンタルパックも用意されている。

表1:参考料金
費用内容金額
初期費用iPad Wi-Fiモデル
キャッシュドロア
レシートプリンタ
12万円~
センターセットアップ費用
端末登録費用
9万5000円~
月額費用端末1台あたり2万円
オプション無線LANアクセスポイント
バーコードスキャナ
クレジット決済端末
キッティング
ハードウェア保守サポート
短期レンタルパック
個別見積もり
表2:基本機能
基本機能
POSシステムSaaS型センター機能(売上データ管理、入出在庫管理/棚卸、店舗/マスタ管理など)
iPadアプリ(売上登録、在庫、センター側への集配信、設定管理など)
会員管理ポイント管理/顧客管理システム
端末管理モバイル端末管理(MDM)機能の提供
マニュアルiPad初期設定、利用マニュアルなどの手引きのご提供

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]