IBM、パブリッククラウド「SmarterCloud Enterprise」のSLAを99.9%に引き上げ

田中好伸 (編集部) 2012年05月30日 17時13分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本IBMは5月30日、パブリッククラウド「IBM SmarterCloud Enterprise(SCE)」のサービス品質契約(SLA)を99.5%から99.9%に引き上げたことを発表した。膨大なファイルの保存と、指定することで自動的に相互データ複製を提供する「オブジェクト・ストレージ」をSCEのオプションで提供することも発表した。

 1年を時間(分)で表すと52万5600分であり、99.5%は52万2972分、99.9%は52万5074.4分になる。0.4%の引き上げは1年間で2102.4分、つまり35.04時間(1.04日)稼働が安定することを意味している。

 オプションで提供されるオブジェクト・ストレージは、膨大だがアクセス頻度の少ないデータの保管に適しているという。ネット経由で世界中のどこからでも大容量ファイルにアクセスでき、オフィス文書や音声、画像、動画といった非構造化データにも対応する。SCEのシステムとは別のデータセンターで提供するため、災害対策としてのデータの二重化にも活用できると説明する。

 税別料金は月あたりの平均使用量で1Tバイトまでで1Gバイトあたり21円。大量に利用するほど単価が安くなり、保管したデータ量だけを月あたりの平均使用量(Gバイト単位は切り上げ)で課金するため、ストレージ容量の管理を心配せずに経済的に利用できると説明する。

 SCEにオブジェクト・ストレージがオプションで提供されたことで、仮想マシンに付随するストレージ、仮想マシンに直接付け外しできる永続ストレージに加えて、膨大なコンテンツやアーカイブファイルなどの保管に最適なオブジェクトストレージを選択肢として影響できると、そのメリットを強調している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算