「Ubuntu Unity」について知っておくべき10のこと - (page 2)

Jack Wallen (Special to TechRepublic) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2012-06-08 07:30

4.カラーマネジメント

 12.04では、さまざまなデバイス(ウェブカメラ、スキャナ、プリンタなど)ごとにカラープロファイルを作成でき、簡単にプロファイルを切り替えることができる。プロファイルツールを開くには、まず「システム設定」を開き、「カラー」をクリックする。最初にこれを実行するときには、プロファイルをダウンロードして、細かい依存ライブラリを2つほどインストールする必要がある。その後は、デバイスごとにカラープロファイルを作成し、より正確な色を表示させることが可能になる。これにはカラープロファイルをよく理解している必要があるが、少なくともデスクトッププラットフォームがこの作業の妨げになることはなくなった。

5.Unityの設定

 最新リリースには、「My Unity」(Unityの設定を行うユーザーが使いやすいツール)が同梱されるはずだった。しかし、そうならなかった。従って、12.04をインストールしたときに最初にすべきことの1つは、My Unityのインストールだ。このツールを使うと、ランチャー、Dash、パネル、デスクトップ、フォント、テーマを設定できる。なぜこれが同梱されなかったのかは、わたしには分からない。Unityが出た頃から、ユーザーはこのデスクトップを設定する機能を強く要求してきた。今ではそれが可能になったが、そのためにはこのツールをインストールしなくてはならない。

6.HUD

 この驚くべき新メニュー操作システムは、言葉で言い尽くせないほど素晴らしい。HUDを使うには、アプリケーションを開いている状態で、Altキーを押してHUD検索バーを表示させる。そこでそのアプリケーションでやりたいことを入力して、選択肢の中から選択すればよい(訳注:日本語版では、日本語で入力してやる必要がある)。これに慣れるには少し時間がかかるだろう(その主な理由は、最初にマウスに手を伸ばしてしまうくせがなかなか抜けないからだ)。しかし、一旦HUDに慣れてしまうと、なぜこれまでこれを開発した人がいなかったのだろうと思うはずだ。ただ、1つだけ気をつけて欲しいことがある。インストール後の状態では、LibreOfficeではHUDは動かない。動くようにするには、Ubuntuソフトウェアセンターで「lo-menubar」というソフトウェアをインストールする必要がある。

7.ログイン壁紙

 これは小さいことだが、一定の場面では気をつけなければならないこともあるため(これについて詳しくは述べない)、触れておくべきだろう。デスクトップで選択した壁紙が、ログイン画面に表示される画像にもなる。従って、デスクトップに表示するには問題のある画像を選んでいれば、同じ画像がログイン画面にも表示されることになる。壁紙は賢く選ぶこと。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]