編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

トランスコスモス、CRM分析コンサル専門子会社設立--分析需要の高まりに対応

田中好伸 (編集部)

2012-06-11 16:57

 トランスコスモスは6月11日、顧客情報管理システム(CRM)の分析とコンサルティングを専門に展開する100%子会社トランスコスモス・アナリティクスを設立したことを発表した。設立日は5月2日。8月からサービスを提供する。

 トランスコスモス・アナリティクスでは、顧客満足度をベースに購買行動や心理をモデル化して、独自の顧客資産価値指標を開発する。CRM活動で収集されるデータをハンドリングする技術を保有するという。

 同社では、市場攻略の要となるアナリスト集団を育成していく方針だ。長期的な育成プログラムで人材育成、生産力を強化する。現在60人のアナリストを2016年度に100人に増加させていく。

 対象顧客はトランスコスモスの既存顧客。現在分析領域を手がけていない既存顧客に展開していく。提供価格は分析の範囲や量、種類などから個別見積もりとしている。

 トランスコスモスはCRMの分析とコンサルティングを提供する専門組織を2002年に設置し、調査分析ビジネスを展開している。コンタクトセンターに集まる顧客からの声(Voice of Customer:VoC)の分析で実績があると説明。現在はコンタクトセンターだけではなくネットプロモーションやウェブサイト、ソーシャルメディア運用で得られるVoCや顧客の行動情報を収集して、CRM分析サービスを提供している。

 今後、企業が売上拡大を目指す上でCRM分析はこれまで以上に必要不可欠になると同社は指摘する。データを分析できるデータサイエンティストが不足すると予測されていること、また、そうした背景から企業のCRM分析ニーズの高まることを見込んで、専門会社としてトランスコスモス・アナリティクスを設立したと説明している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]