グレープシティ、米ComponentOne買収へ--Win 8登場前にツールの世界展開図る

冨田秀継 (編集部)

2012-06-12 10:26

 グレープシティは6月12日、米ComponentOneとの間で買収契約を締結したことを発表した。この買収により、グレープシティはComponentOneの米国の顧客を獲得する。買収は7月1日に完了する見込み。買収金額は非公開だが、数億円規模だという。

 米ComponentOneは「米国市場でトップ5に数えられるコンポーネントベンダー」(グレープシティ)。年内の発売が見込まれる米Microsoftの次期OS「Windows 8」と、統合開発環境「Visual Studio 2012」のリリースを前に、ComponentOneを買収することで両社の開発ツールを世界中で展開させる考えだ。

 グレープシティ ツール事業部 マーケティング部 部長の福地雅之氏は、「当社とComponentOneは、製品の日本語版を提供するという形で、長い間にわたりパートナー関係にあった。今回、買収することで一つになり、日本だけでなく、米国、欧州、日本以外のアジア市場と広く展開していくことになった」と、買収の背景を語る。

 また、買収の狙いについては、「ComponentOneはHTML5やjQueryなど(の開発ツールを提供するなど)新しいことにチャレンジする会社。グレープシティは、(ComponentOneの製品の)品質を上げて(日本市場向けに)提供しており、その点ではいいパートナーだった。今回の買収は、いわば日本の品質を世界に届けるということになる」と語っている。

 今後、日本市場ではComponentOneの製品をグレープシティブランドに、日本市場以外ではグレープシティの製品をComponentOneブランドとして販売する。グレープシティでは今後、インド、中国、韓国、米国、EUでの販売を強化する意向を示している。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]